日光二荒山神社

MENU
TOP > 日光二荒山神社
スポンサードリンク

日光二荒山神社

漢字・読みニッコウフタラヤマジンジャ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

住所
栃木県日光市
祭神
オオナムチ
タゴリヒメ命
アジスキタカヒコネ

上記の三柱を総称として「二荒山大神(フタアラヤマノオオカミ)」とも呼ばれます。これら三柱は男体山・女峯山・太郎山にちなんでいる。日光というと日光東照宮が有名ですが、もちろんこちらの二荒山神社の方が古く歴史があります。

物語・由来

日本の古来の信仰である山岳信仰の名残で、本来の神体は二荒山そのもの。二荒山、つまり男体山の山頂に奥の宮、中禅寺湖畔に中宮、市内に本社があります。お参りはこの本社に行います。
歴史
767年に勝道上人が本宮神社に創建、その後日光東照宮の近くに遷座(移設すること)し、現在に至ります。本宮神社と瀧尾神社と日光二荒山神社を合わせて日光三所権現と呼ばれます。
スポンサードリンク

性格・能力

国土経営
産業開発
農業
縁結び・婚姻
醸造
学業

神社や関連する土地

神苑の入場料は200円。神苑内部には様々な重要文化財の建造物などがあります。朋友神社の先の鳥居の奥に二荒霊泉があります。これは恒霊山の洞窟から湧き出た清水で、目の病気に効くとされています。ここではこの清水で沸かしたお茶を飲むこともできます。
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

管理人リンク

編集