彌彦神社

MENU
TOP > 彌彦神社
スポンサードリンク

彌彦神社

漢字・読みヤヒコジンジャ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

住所
新潟県西蒲原郡
祭神
アメノカグヤマ命(天香具山命)

物語・由来

アメノカグヤマ
アマテラス大神のひ孫にあたります。越後に来るまでは熊野に住んでいました。熊野ではタカクラジ命(高倉下命)と名乗り、神武天皇(初代天皇)に名を受けて越後に派遣されます。越後に最初に着いた場所が寺泊町野積海岸。ここでアメノカグヤマ命は持ってきた椎の木の杖を地面に挿し、「この地がわたしの住むべき土地なら繁茂せよ」と唱えると、大木に育ったとされます。この椎の木が彌彦神社の一の鳥居の先にあり、彌彦神社の神木とされています。

神社や関連する土地

神社の後方には弥彦山があります。弥彦山では毎年1月15日に粥占(カユウラ)・炭置神事が行われ、その年の天候や農作物や漁の成否を占います。
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

管理人リンク

編集