娘の訶良比売はあなたに仕えさせましょう

MENU
TOP>安康天皇(古事記)>娘の訶良比売はあなたに仕えさせましょう

娘の訶良比売はあなたに仕えさせましょう

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

読み下し文

また軍を興して都夫良意美の家を圍みき。爾くして軍を興して待ち戰いて射出す矢、葦の如く來散りき。ここに大長谷の王、矛を以ちて杖と爲し、其の内を臨みて詔らさく、「我が相言える孃子は、若し此の家に有るや」。爾くして都夫良意美、此の詔らせる命を聞きて自ら參い出でて、佩かせる兵を解きて、八度拜みて白さくは、「先の日に問い賜える女子、訶良比賣は侍らん。また五處の屯宅を副えて、以ちて獻らん【所謂る五村の屯宅は今の葛城の五村の苑人なり】。
然れども其の正身の參い向かわざるゆえは、往古より今時に至るまで、臣・連が王の宮に隱れしを聞けども、未だ王子の臣が家に隱れしを聞かず。是を以ちて思うに、賎しき奴、意富美は力を竭して戰うと雖ども更に勝つ可く無けん。然れども、己を恃みて隨が家に入り坐しし王子は、死ぬとも棄てじ」。かく白して、また其の兵を取りて、還り入りて、以ちて戰いき。爾くして力窮き、矢盡きぬれば、其の王子に白さく、「僕は手悉く傷いつ。矢また盡きぬ。今は戰うを得ず。如何に」。其の王子、答えて詔らさく、「然らば更に爲す可く無し。今は吾を殺せ」。故、刀を以ちて其の王子を刺し殺し、乃ち己が頚を切りて、以ちて死にき。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

現代語訳

大長谷王(オオハツセノミコ)は軍隊を興して都夫良意美(ツブラオミ)の家を囲みました。都夫良意美も軍隊を興して待ち受けていて、戦いになりました。射ち出される矢は葦(アシ=植物=そらくは葦の花の形状で比喩している)のように行き散りました。大長谷王は矛を杖にして、(都夫良意美の家の)中を見ました。そして詔(ミコトノリ)しました。
「私が(約束を)言い交わした嬢子(オトメ=ここでは若日下王のこと)は、もしかしてこの家にいるのか?」
都夫良意美(ツブラオミ)はこの詔を聞いて、自ら参り出て、腰に佩(ハ=帯刀すること)かせた兵(ツワモノ=兵器・武器)を解いて、8回拝礼して言いました。
「先日、(結婚を)問いました女子(ムスメ)の訶良比売(カラヒメ)はあなたに仕えさせましょう。また五箇所の屯宅(ミヤケ=直轄領)を(訶良比売に)添えて、献上しましょう。
いわゆる五村(イツムラ)の屯宅は現在の葛城の五村の苑人(ソノヒト=五村の菜園で働く人のこと、もしくは大和国忍海群園人郷=北葛城郡新庄町忍海)です。

しかし、私があなた側につくわけにはいきません。古くから現在に至るまで、臣・連が応急に隠れたという話は聞きましたが、まだ王子が臣の家に隠れたなどという話は聞いたことがありません。思うに、卑しい奴である意富美(オウミ=自分のこと)は力を尽くして戦っても勝つことは無いでしょう。それでも自分を頼みにして我が家に逃げ入って来た王子(=目弱王)は死んでも棄てません」
そう入って、兵(イクサ=武器)を取って、(家に)帰って入って戦いました。しばらくして力尽き、矢が無くなってしまったので、王子に言いました。
「私はことごとく傷を負いました。矢は亡くなりました。もう戦えません。どういたしましょう?」
その王子は答えて詔しました。
「ならば、これ以上はどうしようもない。もう、私を殺せ」
それで刀でその王子を刺し殺し、すぐに自分の首を切って死にました。
スポンサードリンク

解説

屯宅(ミヤケ)
屯倉は本来は政府の直轄領のこと。この文章だとツブラオミは「政府の側」となってしまう。これは屯倉というものが「政府」のという厳密な意味を持っていなかったのかもしれないし、この当時はまだ中央集権が半端で、各地にまだ小さな政府があったのかもしれないです。

ただ、このページでは「目弱王」が「詔」しています。詔は天皇か後に天皇になるか、天皇に匹敵する人物だけに使われる言葉です。もしかすると「屯倉」のことと合わせて、目弱王は天皇に匹敵する権限を持った存在で、雄略天皇は「クーデター」を起こした…なんてことも個人的には考えてます。
王子が臣下の家に隠れる
王子が臣下の家に隠れるなんてのは前代未聞ですよ!と言っているのですが、軽太子の件でも王子が臣下の大前小前宿禰の家に逃げ込んでいることので、矛盾します。

当時、似たような神話や伝承があったんじゃないかと思います。王子が臣下の家に逃げ込んで、そこで一悶着ある、というやつ。それが一方は大前小前宿禰のように踊りと歌の物語になり、一方はツブラオミによる王子を庇う立派な物語になった。そういうことじゃないかなぁと。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集