天之甕主神(アメノミカヌシ神)

MENU
TOP>用語・神名など>アメノミカヌシ
スポンサードリンク

アメノミカヌシ

漢字・読み天之甕主神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記にしか登場しない。
オオクニヌシの子孫の速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミ神)の妻となる前玉比売(サキタマヒメ)の親。
●農業神だと思われます。
●天之御中主(アメノミナカヌシ)とは関係ない。

物語・由来

天之甕主神(アメノミカヌシ神)は古事記に登場する神で、大国主(オオクニヌシ)の子孫である速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミ神)の妻となる前玉比売(サキタマヒメ)の親。
性別は不明。
正体はハッキリしないが、「甕(カメ)」という字が当てられていることから甕(カメ)の神格化の神の1柱でしょう。

稲を収穫した後、その稲を保存しないといけません。それにカメを使った。カメが無ければ、保存場所が大変です。現代人からしたら「器」なんて簡単に手に入ると思っていますが、カメとかカゴってのは、農業や生活を一変させる大発明だったはずなんですね。その「カメ」を神格化するのはある意味では当然。
スポンサードリンク

引用

鳥鳴海神以下の系譜
この速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミ神)が、天之甕主神(アメノミカヌシ神)の娘の前玉比売(サキタマヒメ)を娶った産んだ子が甕主日子神(ミカヌシヒコ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集