甕主日子神(ミカヌシヒコ神)

MENU
TOP>用語・神名など>ミカヌシヒコ
スポンサードリンク

ミカヌシヒコ

漢字・読み甕主日子神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミ神)と前玉比売(サキタマヒメ)の子。
●天之甕主神(アメノミカヌシ神)の孫。
●古事記にしか登場しない。

物語・由来

甕主日子神(ミカヌシヒコ神)はオオクニヌシの子孫の速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミ神)と前玉比売(サキタマヒメ)の子供。淤迦美神(オカミ神)の娘の比那良志毘売(ヒナラシヒメ)を娶った生んだ子が多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミ神)。
系譜からいうと名前のよく似た天之甕主神(アメノミカヌシ神)の孫になる。
名前から考えると
甕という字が入っていることから「甕(カメ)」を神格化したものでしょう。ヒコは「日の子」で「太陽の子」とか「霊威のある」とか、ともかく格のある名前です。

古代では来年の種籾を保存するのにカメは重要なものでした。カメに保存して蓋をしていれば、ネズミや虫から守れるし、例えば雨漏りしても、水浸しにならずに済みます。そんなことを言っても現代人ではピンと来ませんが、それはなんでも手に入る現代だからであって、古代ではその道具があるかないかで全然、生活が変わってきます。カメを神格化するのは当然です。
スポンサードリンク

引用

鳥鳴海神以下の系譜
この速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミ神)が、天之甕主神(アメノミカヌシ神)の娘の前玉比売(サキタマヒメ)を娶った産んだ子が甕主日子神(ミカヌシヒコ神)です。

この甕主日子神(ミカヌシヒコ神)が淤迦美神(オカミ神)の娘の比那良志毘売(ヒナラシヒメ)を娶った生んだ子が多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集