天智天皇(二十六)即位

MENU
TOP>天智天皇(日本書紀)>天智天皇(二十六)即位

天智天皇(二十六)即位

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

即位7年春1月3日。皇太子が天皇に即位しました。
ある本によると、即位6年の丁卯年(667年)の3月に即位したと言います。

1月7日。群臣(マヘツキミタチ)と内裏で宴(トヨノアカリ=即位に祝いの宴会)しました。
1月23日。送迎の使者の博徳(ハカトコ)たちが服命(カエリコトモウス=仕事の報告)しました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

天智天皇は皇太子のままで7年間、天皇の仕事をしていました。ここでやっと即位です。注釈には即位6年の時点で、天皇に即位したと書いてありますが、どっちにしても特殊な状態なことに変わりはありません。
スポンサードリンク

原文

七年春正月丙戌朔戊子、皇太子卽天皇位。(或本云、六年歲次丁卯三月卽位。)壬辰、宴群臣於內裏。戊申、送使博德等服命。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集