韓国の失業率の事情と朴槿恵の弾劾と文在寅の熱狂(2017年4月失業率と数字の背景)

MENU
TOP>死ぬほどスッキリする韓国ニュース解説(連載)>韓国の失業率の事情と朴槿恵の弾劾と文在寅の熱狂(2017年4月失業率と数字の背景)
スポンサードリンク

韓国の失業率の事情と朴槿恵の弾劾と文在寅の熱狂(2017年4月失業率と数字の背景)

投稿日時:2017-05-15 12:16:58
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●2017年4月の韓国の失業率が4、2%。若者の失業率が11、2%。
●失業率は求職している人の割合であって、求職活動をしていない人は含んでいない。求職活動をしていない人を含んだものを「潜在失業率」というが、これがかなり高いのではないか。
●過去の数字から単純計算すると60%近くなる?
●別の記事だと若者の潜在失業率は24%とも。
●どちらにしてもかなり高水準。
●韓国の社会事情を考えると、数字以上に若者が経済的にかなり追い込まれていて、その不満が朴槿恵の弾劾の背景にある。
スポンサードリンク

韓国の失業率

韓国の4月の失業率、17年ぶりに最高…青年失業率も「歴代最悪」
http://japanese.joins.com/article/989/228989.html 


記事は非常に短いもので、さらに要約すると
韓国の失業率が4.2%
若者(15歳から29歳)の失業率が11.2%
で最悪の状況だってお話。

でも日本人からすると、4.2%ってそんなに悪い数字じゃないんですよね。日本の失業率が2017年4月で3.06%。最強に悪かったバブル崩壊後で5.36%(IMFの数字たと6%以上)。日本の最悪に比べるとかなり少ない、景気が悪いって言ってもそうでもない…ような気がするだけで、実際は違います。
スポンサードリンク

性格・能力

「失業率」を計るのに国際労働機関(ILO)が定めた基準がありまして、ちょっと古い記事になるんですが2011年韓国の調査方法で失業率が4%の時に別の標準で調査すると20代の潜在失業率が21.2%になるというお話。
政府統計で5.4%の潜在的失業率、調査方式変えたら21.2%
http://japanese.donga.com/List/3/all/27/415292/1 

潜在失業率とは記事内の文章によれば「潜在失業者とは、就職を希望している人で、今すぐの就職も可能なのに、就職口がないと思い込んで休職活動をしていない人のこと」。2011年に政府統計で20代の失業率4%潜在失業率5.4%が別方式だと失業率5.4%潜在失業率21.2%だったってことは、2017年4月の政府発表の20代の失業率11.2%は単純に過去との比較計算すると潜在失業率60%近くになる(正確には59.36%)。
これ、半端じゃない数字ですよね。計算間違いであって欲しい。
私はこの数字は極論で現状を正確に反映しているとは思わないです。それでも日本の常識では有りえない状況にあるのは間違いない。若者がマグマのような不満を抱えていても不思議じゃないでしょう。
参考以下の記事には若者の潜在失業率は24%とある。日本や他国と比べるのは難しいが、かなり高レベルにあるのは間違いない。
韓国の若者が「ヘル朝鮮」と自国を揶揄する理由とは? 世代間の断絶が深刻に【韓国大統領選】
http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/05/korea-youth_n_16424254.html 
スポンサードリンク

数字を比べることには意味がない

そもそもの話ですが国家が違えば文化が違い、「就職」の定義や意味が微妙に変わるわけです。だから韓国にしろ日本にしろ数字に多少操作があるとしても、「罪」だとは思いません。政府にとって大事なのは「現状の把握」であって、そのために大事なのは同じ形式の調査方法を継続して過去の数字と比べることであって、他国と比べることじゃないんです。
例えば日本と韓国で失業率が4%で同じだったとして、どっちが上で下かなんて意味のないことでしょう。それで失業者が就職できるわけじゃあるまいし。
ただ、他国の失業率を見る時に基準として自国の感覚で見てしまうのはある程度は仕方のないことですがね。
スポンサードリンク

日韓における若年層の就職

ところで、日本だと就職するってのは理想としては定年まで勤める会社に勤務していることです。日本では長く勤めることが大事です。人間関係でこじれるような奴はクソというのが日本の大事な価値観ですから。
あと、日本は新卒採用信仰というべきものがあります。大卒・高卒のピチピチしたのを雇って鍛えるのが日本式。中途採用は基本的には良い目で見ません。ただし、このおかげで日本は欧米に比べると若年の失業率が低め。20代は経験する時期ですから、この時に社会で経験を積むことは社会全体にとって利益になります。新卒信仰を批判する向きもありますが、こういうった社会全体のメリットを考えると悪いものではないと思います。

で、韓国ではどうかというと、韓国でも新卒採用なんです。これは完全に「日帝残滓」ですね。そういう事情を踏まえて韓国の若年の失業率が高いこと、そしてILO基準ではない失業率であることを考えると、実際の失業率の数字はかなり高い。私たちが「韓国の失業率4.2%」という文章から受けるイメージの数倍悪いはずです。ろうそくデモに若者が参加するのはここにあります。
スポンサードリンク

韓国の特殊な慣例

もう一つ、よく言われるのが韓国の40代後半の退職です。40代後半から50代で会社を退職するのが慣例なんです。実質のリストラです。そして韓国では年金が機能していない。日本も6万程度と多くはないですが、韓国では現在高齢者の80%以上が年金2万5000円以下。日本の場合は6万といっても夫婦で12万。持ち家さえあれば生活はできなくもない。まぁ、多いとは言えませんがね。

となると、40代後半で退職してから以降、死ぬまで生活がままらないのは目に見えています。そこで韓国人は40代後半から自営業を始めます(それがチキン屋さん)。
40代までサラリーマンだった人が自営業です。
そうしないと生きていけない。
という事情を踏まえた上で、もう一度、数字を見ると(他人事ながら)心臓が痛くなります。朴槿恵の弾劾にはそういった経済的な不満を抱えた若者の現実があります。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集