事実と妄想がごちゃ混ぜになる韓国…文喜相の発言から

MENU
TOP>死ぬほどスッキリする韓国ニュース解説(連載)>事実と妄想がごちゃ混ぜになる韓国…文喜相の発言から
スポンサードリンク

事実と妄想がごちゃ混ぜになる韓国…文喜相の発言から

投稿日時:2017-05-26 11:35:14
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●文喜相特使が「その(韓国は日韓合意を受け入れられないという)趣旨を特別に理解するという意味に解釈される言葉を聞いた」と発言した。
●そんな対話があったのか、なかったのか、そこは分からないが、こんな曖昧な文言を口にするのは特使としておかしい。
●韓国人は事実・情報を曲解することが多い。
●韓国は機能的文盲から理解力が乏しい傾向があり、認知バイアスの傾向があり、事実より道徳が優先する社会。
●文喜相は、言葉を曲解したかもしれないし、そもそも言葉は無かったかもしれない。その可能性は非常に高い。
スポンサードリンク

日本が日韓合意で韓国に理解?

中央日報韓国大統領特使「日本、韓国の慰安婦合意反対の情緒に理解」
文特使は空港で記者らと会って「われわれが慰安婦合意を破棄しようという話をすることはなかった。代わりに多くの国民が情操的に慰安婦合意を受け入れられないという点を明確に伝えた」と力を込めて話した。
その上で、「(日本側から)その趣旨を特別に理解するという意味に解釈される言葉を聞いた」と話した。
http://japanese.joins.com/article/285/229285.html 

韓国の文喜相特使が言うには「その趣旨(=韓国は慰安婦合意を受け入れられない)を特別に理解するという意味に解釈される言葉」があったのだそうです。具体的な言葉に関しては公表されておりません。日本側もそういった文言の発表はありません。文喜相は本当に「そんな意味に解釈できる言葉」を聞いているのでしょうか。
いや、それよりも「その趣旨を特別に理解するという意味に解釈される言葉を聞いた」という、とんでもなく曖昧な言葉に一体、どんな意味があるのでしょうか。韓国以外の大統領が特使からそんな報告を受けたら、クビにしますよね。
スポンサードリンク

韓国人と分かりあうのは難しい

それについて考える前に以下の記事を読んでください。
レコードチャイナ日韓合意「順守されない」と考える日本人は7割に、韓国ネットは…
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=178786 

記事を要約すると
調査によると日本人の70%が文在寅政権になっても日韓合意は履行されないと考えている。それを知った韓国人は、一部ですが「日本人も合意破棄を望んでいるのか」「日本人が信用していない合意を、我々(=韓国人)に信用しろというのか!」とコメントしています。

日本人のほとんどが「韓国は日韓合意を守らないだろう!(約束を破るとんでもない奴だな)」と考えているという情報を、韓国人は「日韓合意を日本人も反対している」と曲解しているのです。これ、すごいと思いませんか?? 自分に激烈に有利に都合よく解釈する。これではまともに話し合うことも難しい。日本側は何を伝えても韓国に正しく伝わっているのか疑わないといけないでしょ。
スポンサードリンク

韓国に伝わらない原因

この原因は三つあります。
一つは「機能的文盲」です。韓国は漢字を捨てたために、理解力が極端に低く、合理的な理解が難しいとも言われています。

次は「認知バイアス」です。最近ではネットで、「韓国人の9割が認知バイアス」という記事が出て話題になりました。
レコードチャイナ韓国国民10人中9人、根拠もなく勝手に思い込む「認知バイアス」に該当=韓国ネット「根拠はたくさんある」「この国では当たり前」
http://www.recordchina.co.jp/b164192-s0-c30.html 

認知バイアスというのは、ウィキペディアによれば
確証バイアス、追認バイアス個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけを集めて、それにより自己の先入観を補強するという傾向。いったんある決断をおこなってしまうと、その後に得られた情報を決断した内容に有利に解釈する傾向をさす。
正常性バイアス自然災害や火事(山火事、放火など)、事故・事件(テロリズム等の犯罪、ほか)などといった何らかの被害が予想される状況下にあっても、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」などと過小評価したりしてしまう人の心の特性。「正常化の偏見」、「恒常性バイアス」とも言う。

です。まさに韓国人の反応をそのままに説明しているような言葉です。この傾向の根本にあるものは儒教の「事実より道徳が優先される」という特殊な性質が原因だと私は思います。

最後は「事実の価値が低い」ってことです。
このサイトでは韓国では事実の価値が低くて、道徳が事実を追い越してしまうって話をよくしています。
スポンサードリンク

文化が違うってことは、いろんなことが違う

しかしですよ。日本や欧米の人たちは、仮に有権者が「理解力が乏しく、認知バイアスで、事実の価値が低い社会」であっても、官僚や大臣は「ちゃんとしている」と思い込んでいます。そうであってほしいし、そうでないと困る。そうじゃないと国家が維持できるわけがない、と思っている。だから、文喜相が嘘をつくとは思ってないし、客観的ではない発言をするわけがない、と思っている。そこを疑いだしたらキリがない、そこはしっかりした人が官僚や大臣に就任しているに違いないと、日本や欧米の人は思い込んでいるんです。

でも、韓国の文喜相特使も、おそらく「理解力が乏しく、認知バイアスで、事実の価値が低い」のです。なぜなら「理解力が乏しく、認知バイアスで、事実の価値が低い社会」で育ち、そんな人たちが選んだ特使だからです。そもそもの土台としている文化や感覚が日韓では違うのです。私たちが考えている前提が違うんです。
●正確には「理解力が乏しく、認知バイアスで、事実の価値が低い」のではなく、何より「道徳が優先される」社会でいいと思います。

文喜相が日本側から何を聞いたのかは分かりませんが、曲解している可能性もありますし、事実より道徳が優先して、そもそもそんな言葉はなかったのかもしれないのです。

ま、そんなまどろっこしい理屈を上げなくても、韓国政府が会合や会談で、話してないことを公開して、相手に「そんなこと言ってないよ」とバラされるパターンは過去に何度もあるので、今更なんですよね。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集