天磐櫲樟船(アメノイワクスフネ)

MENU
TOP > アメノイワクスフネ
スポンサードリンク

アメノイワクスフネ

漢字・読み天磐櫲樟船
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

物語・由来

天磐櫲樟船(アメノイワクスフネ)は日本書紀の「第五段本文 神々を生む」で不完全な神「ヒルコ」を捨てるための「船」です。

天磐櫲樟船の「磐」は岩。岩は固いという意味ではなく、「岩船」というように「岩」に神が乗ってやってくるという感覚がある。「櫲樟」は楠。楠は大きく育つので、船の材料としてよく利用されていました。
●死者の霊魂が船に乗って天に昇るという考えはエジプトでもある。南ボルネオのヌガジュ・ダヤク族の「ティワー」という葬儀では鳥を模した船の絵が描かれた板が儀式で使われる。船と鳥が天へと霊を運ぶという感覚がある。
●日本でもアメノトリフネといった神が乗る船が登場する。
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

管理人リンク

編集