岐神(フナトノカミ)

MENU
TOP > 岐神
スポンサードリンク

岐神

漢字・読みフナトノカミ
別名来名戸之祖神 (クナトノオヤカミ)
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

岐神(フナトノカミ)は三叉路…つまり「分岐点」の道祖神です。フナトには「来」「勿」…「来るな」という意味があります。
岐神には「良いものは来させ」「悪いものは来させない」性質があるよう。

物語・由来

第五段一書(九)殯斂の宮へ
イザナギは杖を投げて
「ここからこっちには雷神は来られない!」
と言いました。
これを岐神(フナトノカミ)と言います。本来の名前は来名戸之祖神 (クナトノオヤカミ)です。

第九段一書(二)−2現世から退いて幽界の世界を
經津主神(フツヌシノカミ)は岐神(フナトノカミ)を道の先導役として、葦原中国の各国を廻って平定しました。
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

管理人リンク

編集