忌部神社

MENU
TOP > 忌部神社
スポンサードリンク

忌部神社

漢字・読みイミベジンジャ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

住所
徳島県徳島市
祭神
アメノヒワシ命(天日鷲命)

アメノヒワシとは聞きなれない神様は、忌部氏の祖神。スサノオ高天原で乱暴狼藉を働いて、アマテラスが天の岩戸に籠った際にアマテラスをおびき出すために、踊り歌い、祭祀をします。アメノフトタマ命(天太玉命)が白和幣(シロニギテ)を振って御祈りをしました。その白和幣を作ったのが「アメノヒワシ命(天日鷲命)」です。

歴史背景

阿波の国を平定した忌部氏がこのあたりに紡績(麻)産業をひろめたことから、祖神であるアメノヒワシ命を祀ったのが忌部神社。古語拾遺によるとアメノヒワシ命が阿波の忌部氏、タオキホオイ命が讃岐の忌部氏、ヒコサシリ命が紀伊の忌部氏、アメノマヒトツ命が筑紫伊勢の忌部氏、クシアカルタマ命は安房の忌部氏の祖神です。これら五柱の神はアメノフトタマ命に従っていたとされています。アメノフトタマ命は忌部氏の祖神。

アメノマヒトツ命は漢字で天目一箇命と書きます。ライトノベルの灼眼のシャナの「テンモクイッコ」の元ネタ。本来は一つ目の鍛冶の神です。
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

管理人リンク

編集