筍(タケノコ)

MENU
TOP > タケノコ
スポンサードリンク

タケノコ

漢字・読み
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

湯津爪櫛(ユツツメクシ)は竹製
イザナギイザナミを追いかけて死者の国へと行ったのですが、イザナミは全身にウジがわいて腐っていました。イザナギは驚いて逃げました。すると追っ手が来ます。その追っ手をまくために、イザナギが身につけていた「櫛」を投げます。
すると櫛が「タケノコ」になりました。

ということはこのイザナギが身につけていた櫛は「竹製」ということになります。

物語・由来

古事記「逃げろ!
更にシコメ(醜女)が追ってきたので、今度は右のミズラ(角髪)に挿していた櫛の歯を折って投げるとタケノコが生えてきました。

日本書紀第五段一書(六)-2黄泉の国
イザナギが湯津爪櫛(ユツツメクシ)を投げると、これがタケノコになりました。ヨモツシコメはタケノコを引き抜いて食べました。食べ終わると更に追いかけました。
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

管理人リンク

編集