竹の刀でその子たちの臍(ヘソノオ)を切りました。

MENU
TOP > 竹の刀でその子たちの臍(ヘソノオ)を切りました。
スポンサードリンク

竹の刀でその子たちの臍(ヘソノオ)を切りました。

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

へその緒を竹の刀で切るというのは東南アジアに風習があったらしい。甲陽軍鑑(武田信玄の戦記などで江戸時代の軍学のテキスト)にも「エナ刀」という竹の刀が出る。エナは「胎盤」のことと思われますので、出産時に竹の刀を使用するという風習が日本にもあったのでしょう。

物語・由来

第九段一書(三)天甜酒と渟浪田の稲を新嘗祭に
吾田鹿葦津姫(カムアタカシツヒメ)が火明命(ホアカリノミコト)・火進命(ホノススミノミコト)・火折彦火火出見尊(ホノオリヒコホホデミノミコト)を生んだ後に……
そのときに竹の刀でその子たちの臍(ヘソノオ)を切りました。その竹の刀を捨てたところは、後に竹林と成りました。
それで、その土地を「竹屋(タカヤ)」と言います。
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

管理人リンク

編集