正妻が酒をたむけて歌を歌う

MENU
TOP>大国主>スセリヒメが酒をたむけて歌を歌う
スポンサードリンク

スセリヒメが酒をたむけて歌を歌う

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

とうたひたまひき。爾に其の后、大御酒坏を取り、立ち依り指挙げて歌ひたまひけらく、

現代語訳

ヤチホコ神は歌いました。
するとその妻スセリヒメは大きな盃(サカズキ)を持って、ヤチホコの元へと傍に寄り、歌を歌いました。

解説

浮気性の夫にヤキモチを妬いていると、ついに愛想を付かされて、出雲から大和へと逃げられるのですが、歌を歌って思いとどませるシーンです。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集