大山祗神社

MENU
TOP > 大山祗神社
スポンサードリンク

大山祗神社

漢字・読みオオヤマヅミジンジャ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

住所
愛媛県今治市
祭神
オオヤマヅミ神(大山祗神)

ニニギの命が地上に落りたち、コノハナサクヤヒメ命に惚れて貰いに父親であるオオヤマヅミ神にあいさつに行くと、非常に喜び、コノハナサクヤヒメの姉であるイワナガヒメもと申し出たのですが、イワナガヒメはブサイクだったので突き返されてしまいます。実はイワナガヒメは岩のように長命な力があり、天皇家が長命になるようにと姫を出したのです。それを断ったために天皇家は人と同じ寿命になった、と言われています。

神社や関連する土地

相撲神事
旧暦5月5日の御田植祭りと旧暦9月9日の抜穂祭りに稲の精霊と一力山(神と相撲をするために選ばれた人のこと)が相撲をします。もちろん精霊は見えませんので、一力山のまさに独り相撲。結果はいつも精霊が二勝一敗で勝利するという筋書きです。これは神様を勝たせることでご機嫌をとって豊作を確約する――実に日本的な気の使い方で、のんびりしている神事でしょうか。
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

管理人リンク

編集