韓神(カラ神)

MENU
TOP>用語・神名など>韓神
スポンサードリンク

韓神

漢字・読みカラノカミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記にしか登場しない。
オオトシガミの子
●韓神社という韓神を祀る神社が、かつてあった。ただし、同一神であるかは分からない。

物語・由来

韓神(カラ神)は大年神(オオトシ神)と伊怒比売(イノヒメ)の間に生まれた神の1柱。ちなみにオオトシ神はスサノオの子。

平安京にはかつて園韓神社というのがあり、その園韓神社の祀神が「園神」と「韓神」です。この韓神と、古事記に出る韓神が同じ神なのかはよく分かりません。

オトシガミという「1年」を司る神から生まれた神ですから、「カラ」という言葉には、日本の宗教的な世界観に関わる意味があったのだと思います。そこに「韓」という現在の朝鮮半島を表す漢字が当てられたのは、偶然ではないでしょう。

推測ですが、日本人は異世界に神が住み、異世界から神がやってきて、富をもたらすと考えていました。その「遠い異世界」を表す言葉が「カラ」だったんじゃないかと考えています。

そうしてカラという言葉に「韓」という字が当てられた。地理的に考えれば、その日本人が考える異世界は「朝鮮半島」で差し支えないからです。それはひっくり返すと朝鮮半島が当時「ひどいド田舎」だったということです。人がたくさん住んでいる地域は「神が住む異世界」に全くふさわしくないからです。
スポンサードリンク

引用

オオトシ神の系譜
大年神(オオトシ神)が、神活須毘神(カミイクスビ神)の娘の伊怒比売(イノヒメ)を娶って産んだ子は大国御魂神(オオクニミタマ神)。
次に韓神(カラ神)。
次に曽富理神(ソホリ神)。
次に白日神(シラヒ神)。
次に聖神(ヒジリ神)。

神社や関連する土地

園韓神社(園神社と韓神社の総称。かつて平安京にあった神社。現在はない)
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集