北爆?でも韓国が蚊帳の外に置かれる理由に靖国問題が隠れている

MENU
TOP>死ぬほどスッキリする韓国ニュース解説>北爆?でも韓国が蚊帳の外に置かれる理由に靖国問題が隠れている

北爆?でも韓国が蚊帳の外に置かれる理由に靖国問題が隠れている

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

実際に北爆があるかどうかは別ですが、北爆がありそうな雰囲気の中で、日米・米中が話し合いや打ち合わせをしているというのに、なぜか当事者である韓国が蚊帳の外です。ここではその理由を分析、解説しています。今回は解説というよりは私見です。
まとめ
●儒教国では先祖を祀らなくちゃいけないけど、先祖以外は祀らない。
●先祖でもないのに祀ろうとするのは神格化だと考える。
●靖国問題は日本と中韓の文化摩擦。
●中韓には先祖以外の死者の鎮魂の感覚がない。
●だから、アメリカの制止を振り切って中国の戦勝式典に参加できる。
●中国は朝鮮戦争の相手であり、たくさんの韓国人も殺されている。それにアメリカ人も殺されている。鎮魂の感覚があれば中国におもねることは出来ない。
●アメリカから見れば韓国を守る動機がなくなった。
●アメリカが韓国を軽んじるのは仕方ない。
Pre<<< 
スポンサードリンク

靖国参拝は日韓中の文化摩擦

靖国神社に小泉元首相が参拝して以降、大臣が参拝しても、中国と韓国が「A級戦犯」の神格化だと批判しました。日本にも「日本は先の戦争の被害者の中韓に配慮するべきだ」と考える人はいました。

しかし、この靖国問題は日本と中韓の文化の違いが生んだものです。
儒教では先祖以外は鎮魂しない
中韓は儒教の国で、先祖を崇拝し敬い、祀る義務があるのですが、それは子孫だけで、血の繋がりのない他人の先祖は祀る必要がありません。中韓の人には先祖以外の死者を鎮魂しようという感覚がないんです。あっても非常に薄い。そんな彼らから見たときに、靖国神社に首相が参拝するのは理解できません。
スポンサードリンク

米韓の文化摩擦

もしも、中韓の人たちが先祖以外の死者を祭り上げるとしたら、それは神格化しようとしているのです。伊東博文暗殺犯の安重根なんかいい例ですね。だから小泉首相が参拝すると「A級戦犯を神格化」に見える。実際はそうではないのですが、彼らの文化で見ればそうなる。

日本人としては戦争で死んだ人たちの全てを祀らなくちゃいけないので、参拝するのです。国のトップである総理大臣や大臣が参拝するのは「戦争を繰り返さない」という意思表示だというのも、不自然には思わない。いや、少なくともA級戦犯を神格化しようとして参拝しているとは日本人なら思わない。
鎮魂の意識がないから中国の戦勝パレードに行ける
韓国人は朝鮮戦争で死んでいった人に対しても同様に鎮魂の意識がない。もしも鎮魂の意識があったら、2015年の中国の抗日戦勝パレードに朴槿恵大統領が参加することはできない。2015年の戦勝パレードに参加しようとしたとき、アメリカは韓国に再三参加しないように釘を刺しました。でも参加した。その根っこにあるのは儒教の「先祖以外は鎮魂しない感覚」なんです。米韓の文化摩擦ですね。

アメリカには韓国を助けることができない

この一件で、アメリカは韓国を助けることは出来なくなりました。

かつて朝鮮戦争でアメリカ人だけでなく多くの外国兵士が死にました。でも韓国は中国にためらいなくおもねるのです。一体、なんのためにアメリカ兵は死んだのか、そして現在もアメリカ兵は韓国に駐留し、戦争に備えているのか。それは資本主義と民主主義を守るためです。それでも韓国は中国共産党にへつらい、独裁国家に従うのです。
もちろん、韓国はこれといった疑問は持ちません。彼らは事大主義と中国を文化の源流を仰ぐ根の深い属国意識を持っているだけで、悪気もないのです。そこにプラス「死者を鎮魂する思いがない」だけです。アメリカには耐えられないでしょうが。

アメリカは韓国を体を張って助ける理由がなくなりました。
正確には助ける動機がなくなったわけです。
同盟国である以上、守る理屈は残っています。
しかし、韓国を助けても犬死するだけです。
アメリカは韓国を当てにしていないし、信用もしていない。
韓国の意見を聞くことはない。
少なくとも、重んじることはないでしょう。
Pre<<< 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集