THAADのアメリカ・中国・韓国の認識の違い

MENU
TOP>死ぬほどスッキリする韓国ニュース解説(連載)>THAADのアメリカ・中国・韓国の認識の違い
スポンサードリンク

THAADのアメリカ・中国・韓国の認識の違い

投稿日時:2017-05-21 12:24:01
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●中国にとってのTHAADはレーダーによって自国の情報が漏れる現実的軍事問題と文化的政治的問題の二つ。ただし、文化的政治問題の方が大きい。
●アメリカにとってTHAADは在韓米軍・在韓米人を守るための防衛システム。
●韓国人にとってのTHAADは米中のどちらの顔を立てるのか?という政治問題。
●三者は微妙に認識が違う。

中国にとってのTHAAD

中国にとってみれば、THAADは中国のミサイルが無効化されかねないもの。また、THAADのレーダーによって中国が丸裸になる…と考えています。まぁ、それは確かに中国にとって大問題です。そういう「実際」の問題があるのですが、もう一つの大きな問題は、中国にとって子分であるはずの韓国がアメリカの言うことを聞いてTHAAD配備をしたってことにあります。この文化的政治的な問題と現実的な問題の二点が中国にとっての問題です。重点としては「文化的政治的問題」なんです。なぜかと言うとTHAAD問題で中国が責めているのは韓国だからです。THAADを持ち込むのはアメリカです。本来なら中国が批判すべきはアメリカのはずです。でも経済的にも口での批判でも矛先は韓国。中国ならば中国からアメリカ企業を締め出すこともできるでしょう。ところが矛先はどう考えても主には韓国です。つまり中国にとってのTHAAD問題は「文化的政治的な問題の方が大きい」のです。
スポンサードリンク

アメリカにとってのTHAAD

アメリカにすれば、同盟国の韓国を守るためにTHAADを突然配備した。ような気がしますが、これは嘘ではないですが、まるきり真実ではないです。アメリカがTHAAD配備で守りたいのは在韓米軍であり、在韓米人です。

何度もこのサイトでは書いていることですが、アメリカにとって韓国は厄介者ものです。北朝鮮に援助をして実質核開発を助けた。そのことを反省せず、左派の文在寅が当選し、今後、韓国は北朝鮮に援助しようとしている。そうなればアメリカに届くICBMが開発されるのは間違いない。他にも問題はありますが、総合すると「厄介者」です。

THAADは韓国を守るシステムでありますが、同時に在韓米軍と在韓米人を守るためのものです。アメリカがTHAADを不意打ち同然に韓国に配備したのは、果たして「韓国人を守るため」でしょうか。ちょっと考えにくいでしょう。不意打ちの配備は「近所に不審者情報が出たから警備会社と急いで契約する」ってのと同じです。自己防衛です。対中国のレーダーという意味もありますがそれは副次的なものです。対中国レーダーが目的ならば、このタイミングの配備である必要はない。まぁ、これはアメリカ人の税金によって運営され、アメリカ人によって構成される米軍である以上は当然の話なんですよね。
スポンサードリンク

韓国にとってのTHAAD

韓国にとってTHAADは軍事的には不要なものです。
何せ韓国は北朝鮮からミサイルが飛んでくるとは思っていないのですから。
北朝鮮から砲撃があっても、韓国の哨戒船が北朝鮮の潜水艦に沈められても、大きな問題とは捉えていない。ミサイルが飛んでくるとは思っていないのだからTHAAD配備は大げさなことだと考えています。だから韓国にとって見ればTHAAD配備は政治的な意味しかない。米中のどちらの顔を「立てるか」という政治問題です。中国の「THAAD配備を嫌う」気持ちと、アメリカの「THAAD配備したい」気持ちで揺れている乙女心ってところでしょうか。韓国は伝統的に「事大主義」で強いものに付いていきたいと思っています。日本人からすれば中国と一緒に行動するなんて、破滅一直線にしか見えませんが、そこは今は置いておいて、韓国からすれば、強い方についていけば利益が得られ、保身できると思っているのです。これは理屈というよりは伝統や文化ですね。
だから中国かアメリカで揺れる。その中心にあるのが(今の所は)THAADということになります。
スポンサードリンク

結論

三者には三者の都合がある。
なんてことは理解できるのですが、三者は完全に認識が違う。まぁ、米中で認識が違うのは当然です。しかし韓国がコレってのはね。韓国は民主主義で資本主義で、アメリカや他国の犠牲によって成立した国家です。それが「その認識か」と思うと、死んだ人が浮かばれませんよね。

韓国はまだ「アメリカは韓国を重要視している」と考えています。もちろんアメリカは対外的には「同盟」関係だとしているし、そう振る舞っている。でも、細かいところにチラホラと韓国を軽視しているところが見えてきている。
韓国が国際的にマズイところは自分を高く値踏みするところです。
自分には価値がある。
自分には価値があるのだからアメリカは許す。
もしくは助けるだろう。
中国に関してもそう。
うーん……そうでしょうかね。
まるきり嘘でもないが、客観視できてるとも言えないなと。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集