太平山三吉神社

MENU
TOP>神社>太平山三吉神社
スポンサードリンク

太平山三吉神社

漢字・読みタイヘイザンミヨシジンジャ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

住所
秋田県秋田市
祭神
オオナムチ大神
スクナヒコ大神
ミヨシ大神(三吉霊神)
秋田県の太平山を神体とする太平山三吉神社の創建は646年。天武天皇の時代ですから、相当に古い神社です。役小角(エンノオヅヌ)が太平山の山頂にオオナムチ神・スクナヒコ神を祀ったのが始まりとされます。
三吉霊神は秋田の豪族である鶴寿丸藤原三吉を祀ったとされていますが、実際には山岳信仰が転化したとされています。藤原三吉は剛力で負けず嫌い、しかし面倒見がよく、領内の人々に非常に慕われていましたが、他の豪族にねたまれて追い出され、太平山に籠って修行し霊力を付けてついには神になったという由緒書きがあります。

性格・能力

開山祭
夏になると太平山の奥宮を開く開山祭が七月一七日に行われます。その際に太平山三好神社(里宮)の神体は二カ月の間だけ奥宮に移動します。
梵天祭
毎年1月17日には梵天祭がおこなわれます。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

神社の表紙へ

管理人リンク

編集