継体天皇(一)出自

MENU
TOP>継体天皇(日本書紀)>継体天皇(一)出自

継体天皇(一)出自

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

男大迹天皇(オオドノスメラミコト=継体天皇)…
別名を彦太尊(ヒコフトノミコト)といいます

は誉田天皇(ホムダノスメラミコト応神天皇)の5世孫で、彦主人王(ヒコウシノオオキミ)の子です。母を振媛(フルヒメ)といいます。振媛は活目天皇(イクメノスメラミコト=垂仁天皇)の七世の孫です。天皇の父(=彦主人王)は振媛の顔・容姿が姝妙(キラギラシ=愛らしく美しい)くて、はなはだ端麗な美を持っていると聞いて、近江国の高嶋郡の三尾(=近江国高島郡三尾郷=現在の滋賀県高島郡高島町)の別邸から使者を派遣して、三国の坂中井(サカナイ)…
中は那と読みます。

に迎えて、結納して妃としました。それで継体天皇を生みました。
 >>>Next 
スポンサードリンク

解説

継体天皇の出自
残虐だったせいなのかどうか、そこのところは分かりませんが、武烈天皇には子がいませんでした。これでは皇統が途絶えてしまいます。そこで、白羽の矢が立ったのが継体天皇です。

継体天皇は応神天皇の五世孫で、まぁ天皇になるにはギリギリなんですよ。5世までとされているんですよ。そのせいか、他にも理由があってか、継体天皇は即位するまでなかなか難儀します。

だから継体天皇は「新王朝」の天皇だという説は根強いです。その可能性は否定できませんが、このページでいうように、継体天皇の出自は近江です。近江は元から大和と関係が深く、そこに天皇の分家が居たとしてもなんら不思議じゃありません。
スポンサードリンク

原文

男大迹天皇更名彥太尊、譽田天皇五世孫、彥主人王之子也、母曰振媛。振媛、活目天皇七世之孫也。天皇父聞振媛顏容姝妙甚有媺色、自近江國高嶋郡三尾之別業、遣使聘于三國坂中井(中、此云那)、納以爲妃、遂産天皇。
 >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集