天智天皇(三)前将軍と後将軍を任命して百済救援軍を派遣

MENU
TOP>天智天皇(日本書紀)>天智天皇(三)前将軍と後将軍を任命して百済救援軍を派遣

天智天皇(三)前将軍と後将軍を任命して百済救援軍を派遣

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

(斉明天皇即位7年)8月。前の将軍として大花下(ダイカゲ)の阿曇比邏夫連(アズミノヒラブノムラジ)・小花下(ショウカゲ)の河辺百枝臣(カワヘノモモエノオミ)たち、後の将軍として、大花下の阿倍引田比邏夫臣(アヘノヒケタノヒラブノオミ)・大山上(ダイセンジョウ)の物部連熊(モノノベノムラジクマ)・大山上の守君大石(モリノキミオオイワ)などを派遣して百済を救わせようとしました。それで兵杖(ツワモノ=武器)・五穀(イツツノタナツモノ)を送りました。
ある本によると、この文末に続けて、別に大山下の狹井連檳榔(サイノムラジアジマサ)・小山下の秦造田来津(ハタノミヤツコタクツ)を派遣して百済を守護させたと言います。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

前将軍と後将軍
軍隊は前と後ろの2軍か、前・中・後ろの3軍で編成していました。
スポンサードリンク

原文

八月、遣前將軍大花下阿曇比邏夫連・小花下河邊百枝臣等・後將軍大花下阿倍引田比邏夫臣・大山上物部連熊・大山上守君大石等、救於百濟、仍送兵杖・五穀。(或本續此末云、別使大山下狹井連檳榔・小山下秦造田來津、守護百濟。)
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集