香用比売(カヨヒメ・カグヨヒメ)

MENU
TOP>用語・神名など>香用比売
スポンサードリンク

香用比売

漢字・読みカヨヒメ・カグヨヒメ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●大年神(オオトシカミ)の妻の1柱。
●大香山戸臣神オオカグヤマトミ神)と御年神(オトシ神)の母。
●古事記にしか登場せず、正体は不明の女神。

物語・由来

香用比売(カヨヒメ)は、大年神(オオトシカミ)の妻。
また、大香山戸臣神オオカグヤマトミ神)と御年神(オトシ神)を生んだ女神です。
古事記にしか登場せず、日本書紀には見られない。
正体は不明の女神。

大年神が穀物神であり、子供の御年神(オトシ神)はほぼ大年神と性質が同じ穀物神。大香山戸臣神オオカグヤマトミ神)は山に関わる神でしょう。

日本人は山に穀物神がいて、その神が里の畑に宿って、穀物を育てると考えていました。つまり、山と穀物神は、密接に関係しているってことです。

ということはこの香用比売(カヨヒメ)も「山」と「穀物神」に関わる神だと思います。

そういうことを踏まえて。この女神のことを推測すると・・・
多分この「香」とか「香山」とか「香具山」というのは、同一の意味を持っているのでしょう。「カグヤマ」は「火山」かなぁと。もしくは、芳香のある木が生えた山じゃないかと。そういう山にこそ、良い穀物神がいると思っていた、とか。その山の神を香用比売(カヨヒメ)と呼んでいた地域があったんじゃないかと思います。
スポンサードリンク

引用

大年神(オオトシ神)が香用比売(カヨヒメ)を娶った産んだ子は
大香山戸臣神(オオカグヤマトミ神)。
次に御年神(オトシ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集