佐波遅比売(サワジヒメ)

MENU
TOP>用語・神名など>佐波遅比売
スポンサードリンク

佐波遅比売

漢字・読みサワジヒメ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

佐波遅比売(サワジヒメ)

佐波遅比売(サワジヒメ)は皇族。
沙本毘売命(サホビメ命)の別名。
「サワジヒメ」という表記は古事記にしかない。
日本書紀にはサホビメは登場してもサワジヒメはない。

古事記には垂仁天皇の皇后として本名の沙本毘売命(サホビメ命)ではなく「佐波遅比売命(サハジヒメ)」の名前で登場する。記紀神話では本名ではなく別名で語られることが多い。ところが、サホビメに関してはその後の、サホビメとサホビコの兄妹愛と反乱では「サホビメ」で通していて「サワジヒメ」ではないです。

サホビメの事件はそちらを参考に。
参考沙本毘売命(サホビメ命)


父親は日子坐王(ヒコイマスミコ)。母親は春日の建国勝戸売(タケクニカツトメ)の娘の沙本大闇見戸売(オオクラミトメ)。
サワジヒメの名前の由来はよく分からない。
スポンサードリンク

古事記からの引用

開化天皇の孫たち
またヒコイマス王が春日の建国勝戸売(タケクニカツトメ)の娘の沙本大闇見戸売(オオクラミトメ)を娶って産んだ子が沙本毘古王(サホビコ王)、袁耶本王(オザホ王)、沙本毘売命(サホビメ命)――別名を佐波遅比売(サワジヒメ)です。このサホビメ命は伊久米天皇の后となりました。次に室毘古王(ムロビコ王)の4柱です。

垂仁天皇の后妃と御子
垂仁天皇沙本毘古命(サホビコ)の妹の佐波遅比売命(サハジヒメ)を娶って産んだ子供が、
品牟都和気命(ホムツワケ)
の1柱です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集