手が氷の刃と化す

MENU
TOP>国譲り編>手が氷の刃と化す
スポンサードリンク

手が氷の刃と化す

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

故、其の御手を取らしむれば、即ち立氷に取り成し、亦剣刃に取り成しつ。故爾に懼りて退き居りき。爾に其の建御名方神の手を取らむと乞ひ帰して取りたまへば、若葦を取るが如、つかみ批ぎて投げ離ちたまへば、即ち逃げ去にき。

現代語訳

タケミナカタタケミカヅチの手を取りました。
するとすぐにタケミカヅチの手がツララになり、
剣刃となってしまいました。

タケミナカタは恐れをなして引き下がりました。

今度はタケミカヅチが建御名方神(タケミナカタ神)の手を取ろうと提案し、
手を取ると、若い葦を掴むように、握りつぶして放り投げました。タケミナカタはすぐに逃げ去りました。
スポンサードリンク

解説

掴んだ腕が凍りになり、刀になる。
まるで漫画。まるでアニメ。設定が中二病的です。それでビックリしたタケミナカタが引くと、今度はタケミカヅチの攻撃の番。それで簡単にタケミナカタは放り投げられてしまい、そのまま敗走します。強すぎるぞタケミカヅチ。
相撲のはじまり?
この記述が「相撲」の始まりではないか?とされます。相撲ってそもそも何なんでしょう。
相撲は神道を由来とするもので、神社で相撲を奉納するという行事が全国各地に残っています。相撲を取り、どちらが勝つかによって、豊穣・収穫を占います。独り相撲という人間と神が相撲を取る場合は、一勝一敗か神が勝つようにします。神に勝ちを譲ることで豊穣を約束するという算段です。

でもこれが相撲の始まり?なんてちょっと…と思いますね。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集