吉備海部直難波による高麗使者の殺害

MENU
TOP>敏達天皇(日本書紀)>敏達天皇(四)吉備海部直難波による高麗使者の殺害
スポンサードリンク

敏達天皇(四)吉備海部直難波による高麗使者の殺害

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

二年夏五月丙寅朔戊辰、高麗使人、泊于越海之岸、破船溺死者衆。朝庭、猜頻迷路、不饗放還。仍勅吉備海部直難波、送高麗使。

秋七月乙丑朔、於越海岸、難波與高麗使等相議、以送使難波船人大嶋首磐日・狹丘首間狹令乘高麗使船、以高麗二人令乘送使船、如此互乘以備姧志。倶時發船至數里許、送使難波、乃恐畏波浪、執高麗二人擲入於海。

現代語訳

即位2年夏5月3日。高麗の使者は越海の岸(石川・福井県の海岸)に停泊しました。船が壊れて、溺れて死ぬものが多く居ました。朝廷は、しきりに路に迷っていることを疑って、歓迎の宴会をせずに、帰すことにしました。それで吉備海部直難波(キビノアマノアタイナニワ)に勅(ミコトノリ)して高麗の使者を送らせました。

秋7月1日。越海の岸に、難波と高麗の使者たちが、話し合って、送使難波(オクルツカイナニワ)の船の人の大嶋首磐日(オオシマノオビトイワイ)・狹丘首間狭(サオカノビトマセ)を高麗の使者の船に乗らせ、高麗の二人を送使(オクルツカイ)の船に乗らせました。そうして互いに船に乗らせて、反逆の計画に備えました。どちらも船が出発して、数里ほど進みました。送使難波は波浪(ナミ)が怖くなって、高麗の使者の二人を捕らえて、海に投げ入れました。
スポンサードリンク

解説

こういうことか
高麗は現在の北朝鮮。その船が現在の石川県あたりに流れ着く。これは海流の関係でそうなってもおかしくはない。しかし、日本はあまりに越国に流れ着くので、「妙だな」と思ってしまった。

おそらく日本は高麗が、日本をすっとばして東北の蝦夷と交易をしているんじゃないかと疑った。それで距離ととることにした。

高麗の大使を高麗へと送ることにした。その大役を仰せつかったのが「吉備海部直難波」。海部とあるのだから、そもそもが海の専門家だったはずです。難波は高麗の船と2人を交換した。裏切らないようにしたか、はたまた、そういう計画か。それは分かりませんが、文意を汲めば、難波は最初から高麗の使者を殺す気だったと考えたほうが自然。

だって海の専門家と思われる難波が「波浪」が怖くなって…って無理があるんですよね。はてさてどうなることやら。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集