沼河比売は戸を開けない

MENU
TOP>大国主>ヌナカワヒメは戸を開けない
スポンサードリンク

ヌナカワヒメは戸を開けない

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

とうたひたまひき。爾に其の沼河比売、未だ戸を開かずて、内より歌ひけらく、

現代語訳

……とヤチホコ神(オオクニヌシ)が歌いました。

すると沼河比売、(ヌナカワヒメ)は戸を開けず中から歌いました。

解説

変質者ヤチホコ
夜中にやってきて、少女の家の戸を揺さぶり、「やらせろやらせろ」と迫るヤチホコに、越国の賢く美しい少女のヌナカワヒメは戸を開けずに歌を歌います。
と、ここまでがこのくだりです。

ヤチホコを変質者と書きましたが、古代では男性は女性の家に夜這いに行くもので、そうやって関係を深めて結婚するのが普通でした。つまり、これは古代では一般的な光景で、なんら特殊なことはありません。

ところで越国は現在の北陸地方一帯。ここはヤマタノオロチが出雲に来る前に居た場所であり、現在の富山あたりには、因幡の白兎にまつわる神社が見られます。古代において出雲と越はかなり親密な関係にあったと考えられます。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集