韓国が朝鮮併合がすんなり行ったと思いたくない理由

MENU
TOP>死ぬほどスッキリする韓国ニュース解説(連載)>韓国が朝鮮併合がすんなり行ったと思いたくない理由
スポンサードリンク

韓国が朝鮮併合がすんなり行ったと思いたくない理由

投稿日時:2017-08-06 11:13:52
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

韓国が朝鮮併合がすんなり行ったと思いたくない理由

まとめ
●日本は朝鮮半島を合法的に併合した。当時の事情は色々とあるが、手順は合法だった。
●もしも、問題なく併合されていたのならば、現在、朝鮮半島が独立国家なのは不道徳となる。
●儒教国では、道徳が優先されるので、不道徳は許されない。
●朝鮮併合がすんなり行って、合法だったと認めるのは、国を捨てるのと同じで許されない。

朝鮮は14万人の兵士が日本と戦ったらしい

中央日報大韓帝国は無気力に滅びたのではない
http://japanese.joins.com/article/036/232036.html?servcode=400§code=440 

日本は朝鮮半島を「合法的」に行った。まぁ、そこには色々な事情があるのです。ロシアがあり、ロシアが南下を目指していて、朝鮮半島を狙っていて、朝鮮国内ではロシアか日本かで揉めた。揉めた結果として日本をとったという経緯があるのですよ。いや、そこはそう単純なお話ではないですが、当時の列強の有色人種に対する施策を考えると、それも真っ当な判断なんですよね。
で、朝鮮併合自体は合法だったのです。
反対する人もいますが、国際法的には問題はなかった。
しかし、韓国はこれを受け入れることが出来ない。

なぜか。
スポンサードリンク

朝鮮併合が受け入れられない理由

儒教では何より道徳が優先されます。となると、「合法的」に問題なく、朝鮮半島が日本に併合されたのであれば、現在、北朝鮮と韓国が独立しているのは「不道徳」なのです。儒教国である韓国にとって道徳が優先されてるもの。問題なく朝鮮半島が併合されていたのならば韓国は日本に「現在」も併合されていないといけないのです。道徳としてはそういうことになります。だから、日本が「合法的」に朝鮮を併合したことは受け入れられません。受け入れるということは「独立を放棄」することと同じなんです。
スポンサードリンク

日本の感覚と朝鮮の感覚の違い

日本人としては過去に合法的に併合しようとも、もう朝鮮人とは関わりたくないのです。朝鮮半島を現在、「欲しい」とは思っていません。むしろ距離を取りたいくらいです。しかし、韓国人にはそういう考えはありませんから、日本人も当然「他人の領土を欲しい」と思っている!と思い込んでいるんです。

朝鮮併合が合法的だったとは言えない

日本が合法的に朝鮮を併合したということを「認めれば」、結果的に、韓国を日本に売り渡すのに等しいのです。もちろん、日本は韓国なんて欲しくないのですよ。でも韓国人の頭の中には「日本は素晴らしい韓国を欲している」というのが大前提なんですね。
全部、文化的な誤解なんですが、社会の常識があり道徳がある以上は、「朝鮮併合が合法的だった」とは言えないんです。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集