頬那芸神(ツラナギノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>ツラナギ
スポンサードリンク

ツラナギ

漢字・読み頬那芸神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記にのみ登場、日本書紀には記述がない。
●ツラは「水面」で、ツラナギで「水面の男性神」という意味。
頬那美神(ツラナミノカミ)とは兄妹で夫婦の関係。

物語・由来

頬那芸神(ツラナギノカミ)は、イザナギイザナミが生んだ速秋津日子神(ハヤアキツヒコノカミ)と速秋津比売神(ハヤアキツヒメカミ)の兄妹夫婦の神から生まれた神の1柱。頬那美神(ツラナミノカミ)とはハッキリとは書かれていませんが、兄妹で夫婦の関係。日本書紀には記述がない。

ツラナギの「ナギ」は「の男」という意味。「ツラ」は水面。水面の男性神ということです。
スポンサードリンク

引用

河口に関する神が産まれる
この速秋津日子神(ハヤアキツヒコノカミ)と速秋津比売神(ハヤアキツヒメカミ)の二柱の神が、河と海を分けて神を生みました。
まずは沫那芸神(アワナギノカミ)と沫那美神(アワナミノカミ)が産まれました。
次に頬那芸神(ツラナギノカミ)と頬那美神(ツラナミノカミ)が産まれました。
次に天之水分神(アメノミクマリノカミ)と国之水分神(クノミクマリノカミ)が産まれました。
次に天之久比箸母智神(アメノクヒザモチノカミ)と国之久比箸母智神(クノクヒザモチノカミ)が産まれました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集