十市之入日売命(トオチノイリヒメノミコト)

MENU
TOP>用語・神名など>十市之入日売命

十市之入日売命

漢字・読みトオチノイリヒメノミコト
別名十市瓊入姫命
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

十市之入日売命(トオチノイリヒメノミコト)

十市之入日売命(トオチノイリヒメノミコト)は古事記に登場する人物。
日本書紀では十市瓊入姫命(トオチニイリヒメノミコト)。
父親は崇神天皇(10代)。
母親は意富阿麻比売(オオアマヒメ)…日本書紀では尾張大海媛(オワリノオオアマヒメ)。
子孫の記述はなく、活躍の記述もない。
名前から考える
父親が「御真木入日子」ですから、「之入日売」はその系統だと思います。「十市」は素直に考えて「市」でいいのではないかなと。古代では道(ミチ)を神聖なものだと考えていて、道のそばで品物を取引する場所として開いたのが「市(イチ)」です。市を取り仕切る人たちは神を祀っていました。その神は「市」の神だったはずです。のちの時代で市場の有名な神が「市杵島姫」だったり「倉稲魂(=お稲荷さん)」などです。
そういう市を司る神だったのではないかなぁと。
Pre<<< 
スポンサードリンク

出自

古事記によると
崇神天皇御真木入日子印恵命
意富阿麻比売(オオアマヒメ)…尾張連の祖先
大入杵命(オオイリキノミコト…能登臣の祖先
八坂之入日子命(ヤサカノイリヒコノミコト)
沼名木之入日売命(ヌナキノイリヒメノミコト)
十市之入日売命(トオチノイリヒメノミコト)


日本書紀によると
崇神天皇…御間城入彦五十瓊殖天皇
尾張大海媛(オワリノオオアマヒメ)
八坂入彦命(ヤサカノヒリヒコノミコト)…娘に弟媛・八坂入媛。どちらも景行天皇の妃。
淳名城入姫命(ヌナキノイリヒメノミコト)…倭大国魂を祀るが髪が抜け落ちる
十市瓊入姫命(トオチニイリヒメノミコト)
スポンサードリンク

引用

古事記からの引用
祟神天皇の后妃と御子
尾張連の祖先の意富阿麻比売(オオアマヒメ)を娶って産んだ子供が
大入杵命(オオイリキノミコト)
八坂之入日子命(ヤサカノイリヒコノミコト)
沼名木之入日売命(ヌナキノイリヒメノミコト)
十市之入日売命(トオチノイリヒメノミコト)
です。

日本書紀からの引用
崇神天皇(二)崇神天皇の皇后と妃とその子供たち(日本書紀)
次の妃の尾張大海媛(オワリノオオアマヒメ)は八坂入彦命(ヤサカノヒリヒコノミコト)・淳名城入姫命(ヌナキノイリヒメノミコト)・十市瓊入姫命(トオチニイリヒメノミコト)を生みました。
Pre<<< 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ
編集