沼羽田之入毘売命(ヌバタノイリビメ)

MENU
TOP>用語・神名など>沼羽田之入毘売命

沼羽田之入毘売命

投稿日時:2017-05-11 09:18:02
漢字・読みヌバタノイリビメ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

沼羽田之入毘売命(ヌバタノイリビメ)は古事記に登場する人物。
女性。
垂仁天皇の妃。
記述
古事記では沼羽田之入毘売命(ヌバタノイリビメ)。
日本書紀では渟葉田瓊入媛(ヌハタニイリビメ)。
出自
古事記によれば「氷羽州比売命(ヒバスヒメ)の妹」とあるので、素直に考えれば父親は丹波比古多々須美知能宇斯王日本書紀では丹波道主王(タニハノチヌシノオオキミ…四道将軍の一人)になる。
ただし母親は不明。
氷羽州比売命の母親は丹波の河上麻須郎女(カワカミノマスノイラツメ)なので河上麻須郎女(カワカミノマスノイラツメ)なのかもしれないが、明記はされていない。
だとするならば、氷羽州比売命とは異腹の姉妹ということになる。
個人的には種違いの同腹という可能性もあると思います。

日本書紀では
日葉酢媛(ヒバスヒメ)、次女を渟葉田瓊入媛(ヌハタニイリビメ)、三女を眞砥野媛(マトノヒメ)、四女を薊瓊入媛(アザミニイリビメ)、五女を竹野媛(タケノヒメ)

が姉妹として垂仁天皇に嫁いでいる記述があります。
名前から考える
名前から見るとどうも、水田そのものの女神じゃないかと。だからと言って実在しなかったというわけではなくて、女神を信仰する集団か、女神のモデルになった人物かは実在したと思います。
Pre<<< 
スポンサードリンク

婚姻と子供

古事記によると
伊久米伊理毘古伊佐知命…垂仁天皇
沼羽田之入毘売命
沼帯別命(ヌタラシワケ)
伊賀帯日子命(イガタラシヒコ)
スポンサードリンク

引用

古事記からの引用
垂仁天皇の后妃と御子
また氷羽州比売命(ヒバスヒメ)の妹の沼羽田之入毘売命(ヌバタノイリビメ)を娶って産んだ子供が、
沼帯別命(ヌタラシワケ)
伊賀帯日子命(イガタラシヒコ)
の2柱です。

日本書紀からの引用
垂仁天皇(十一)五(イツトリ)の女
即位15年春2月10日。
丹波の五(イツトリ)の娘を呼び寄せて、掖庭(ウチツミヤ=皇后や皇子の世話をする宮女のいる場所)に入らせました。長女を日葉酢媛(ヒバスヒメ)、次女を渟葉田瓊入媛(ヌハタニイリビメ)、三女を眞砥野媛(マトノヒメ)、四女を薊瓊入媛(アザミニイリビメ)、五女を竹野媛(タケノヒメ)と言います。
Pre<<< 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ
編集