ヤチホコ

MENU
TOP > ヤチホコ
スポンサードリンク

ヤチホコ

漢字・読み八千矛神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

大国主(オオクニヌシ)の別名。
八千矛神という名前は、「八千(=沢山の)」「矛(ホコ)」と書くことから、武力の性質があるとも、矛を「男性器」として、生殖、ひいては豊穣を指しているとも、言われます。

物語・由来

矛の意味を考える
個人的には八千矛神という名前が「武力」を表しているとはあまり思いません。古代では「矛」とは武器ではありません。矛は祭祀に使うもので宗教の道具です。しかし、古代では神は戦争を左右する大きな要因でしたから、矛が「武」とは関係ないとは言い切れません。

また近隣の土地を「武力」で制圧した場合、その土地の女神を愛人にした神話が成立します。これはギリシャ神話でゼウスが沢山の愛人を持った理由と同じです。オオクニヌシも「縁結び」の神として崇められるほどに艶福家…つまり「スケベ(愛人が多い)」です。よって矛を男性器に見立てるのも、あながち間違ってはいません。

古事記で「ヤチホコ」の名で出ている物語は浮気の話と、本妻に浮気を止められる話です。
参考

それらが集約されて「豊穣」と見るのも、おかしな話では無いでしょう。「矛」が表しているのはこれらのどれか一つ……かもしれませんが全てと考えた方が適切かと思っています。
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

管理人リンク

編集