雄略天皇(古事記)

MENU

雄略天皇(古事記)

投稿:2015年04月12日 更新:2015年04月12日

要約


「雄略天皇(古事記)」のページ一覧

Page1 大長谷若建命の政治と后と子息子女について
Page2 堅魚を上げている舎屋に火をつける
Page3 道中に得た奇しいものだ。都麻杼比の品としよう
Page4 引田部の赤猪子
Page5 呉床居の 神の御手持ち 弾く琴に 舞する女 常世にもかも
Page6 虻が腕を噛んで、その後すぐに蜻蛉がそのアブを食べて飛んで行きました。
Page7 やすみすし 我が大君の 遊ばしし 猪の 病み猪の うたき畏み 我が逃げ登りし あり丘の 榛の木の枝
Page8 悪事といえども一言。 善事といえども一言。 葛城の一言主の大神だ
Page9 乙女の い隠る丘を 金鋤も 五百箇もがも 鋤き撥ぬるもの
Page10 纏向の 日代宮は 朝日の 日照る宮 夕日の 日翔る宮
Page11 高光る 日の御子に 豊御酒 奉らせ 事の 語り言も こをば
Page12 水注く 臣の乙女 ほだり(秀樽)取らすも ほだり取り