四天王寺の建立と氏族の寺

MENU
TOP>推古天皇(日本書紀)>推古天皇(四)四天王寺の建立と氏族の寺

推古天皇(四)四天王寺の建立と氏族の寺

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

(即位1年)秋9月。橘豊日天皇(タチバナトヨヒノスメラミコト=用明天皇)を河内磯長陵(カフチノシナガノミサザキ=現在の大阪府南河内郡太子町春?)に改めて葬りました。この年、四天王寺(シテンノウジ=荒陵寺)を難波の荒陵(アラハカ=地名)に作り始めました。この年、太歲癸丑です。

即位2年春2月1日。皇太子と大臣に詔(ミコトノリ)して、三宝(サンポウ=仏・法・僧)を興して栄えさせようとしました。この時、諸々の臣連はそれぞれの親の恩のために競って仏舎(ホトケノオオトノ)を作りました。これを寺(テラ)と言いました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

用明天皇は聖徳太子(厩戸皇子)の父。この用明天皇を改めて葬っています。用明天皇は仏教を取り入れようとした天皇なのですが、病気で亡くなっています。その病気が「瘡」と表記されているので、どうも天然痘のようなのです。

ちなみに瘡という文字は敏達天皇の時代にも見られます。この時は仏像を焼いた祟りとして「瘡」が現れています。

用明天皇は非常に短い帝位でした。たったの2年です。しかも仏の祟りとしての天然痘。その子の聖徳太子が必死になって仏教を取り入れたのはそこにも理由はあったのではないかと思います。
テラについて
テラという言葉は朝鮮語から来ているとされます。そしてこの推古天皇の時代に、「テラ」と呼ばれるようになったのだと思われます。
スポンサードリンク

原文

秋九月、改葬橘豊日天皇於河內磯長陵。是歲、始造四天王寺於難波荒陵。是年也、太歲癸丑。

二年春二月丙寅朔、詔皇太子及大臣令興隆三寶。是時、諸臣連等各爲君親之恩競造佛舍、卽是謂寺焉。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集