日本最古の兄妹愛物語

MENU
TOP>垂仁天皇(古事記)>日本最古の兄妹愛物語

日本最古の兄妹愛物語

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

垂仁天皇がサホビメを妻としたときのことです。
サホビメの兄であるサホビコが妹に問いました。

「夫(=垂仁天皇)と兄(サホビコ)のどちらを愛しているか??」

「兄を愛しています」
とサホビメが答えました。

サホビコは
「お前が本当に私を愛しているならば
お前と私で天下を治めよう」
と言い、すぐに何度も鍛えた小刀を作って、妹に渡しました。

「この小刀で垂仁天皇が寝ているところを刺し殺せ」

垂仁天皇はそんな企みなど知らず、サホビメに膝枕して眠っていました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

性格・能力

兄と妹は
兄サホビコと妹サホビメが天皇を暗殺しようとします。ここでの兄と妹は「同母」の兄妹です。二人は結ばれることはありません。ちなみに腹違いで種が同じの兄妹は結婚できました。これは女系が氏族のルールだからだったのでしょうね。
スポンサードリンク

原文

この天皇、沙本毘売を后としたまひし時、沙本毘売命の兄 沙本毘古王、そのいろ妹に問ひて曰はく、「夫と兄といづれか愛しき」といへば、「兄ぞ愛しき」と答曰(コタ)へたまひき。ここに沙本毘古王謀りて曰はく、「汝まことに我を愛しと思はば、吾と汝と天の下を治らさむ」といひて、即ち八塩折(ヤシホヲリ)の紐小刀(ヒモカタナ)を作りて、その妹に授けて曰はく、「この小刀を以ちて天皇の寝ねませるを刺し殺せ」といひき。かれ、天皇その謀を知らさずて、その后の御膝を枕きて寝ねましき。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集