河内国の志幾の白鳥御陵

MENU
TOP>景行天皇(古事記)>河内国の志幾の白鳥御陵

河内国の志幾の白鳥御陵

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

ヤマトタケルの魂の白鳥は伊勢から飛び立ち、河内国の志幾(シキ)に留まった。

その地にもヤマトタケルの后と御子たちはヤマトタケルの墓を作りました。すの墓は「白鳥御陵(シラトリノミハカ)」と名づけられました。

しかし、白鳥はそこからまた飛び立っていきました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

白鳥は魂であり、ヤマトタケルそのもの。それが死んだ能煩野(三重県)で后と御子が墓を作り、そこから白鳥が飛び立ち、次は河内(大阪府東部)に行き、そこでも墓が作られたのですが、そこからもまた白鳥は飛び立ってどこかへ行ってしまう。

この変遷が「魂の永遠さ」を表している――――のかもしれません。
スポンサードリンク

原文

かれ、その国より飛び翔り行きて、河内国の志幾(シキ)に留まりましき。かれ、其地に御陵を作りて鎮まり坐さしめき。すなはちその御陵を号けて、白鳥御陵(シラトリノミハカ)と謂ふ。然るにまた其地よりさらに天に翔りて飛び行でましき。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集