古事記の天皇のあらすじ内容のまとめ2

MENU
TOP>資料>古事記の天皇のあらすじ内容のまとめ2
スポンサードリンク

古事記の天皇のあらすじ内容のまとめ2

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

允恭天皇

允恭天皇の即位
允恭天皇は病気を理由に即位を断った。その病気が原因で歩くことも難しい状態だった。しかし皇后や臣下たちが即位するように求めるので即位した。その後、新羅の大使の金波鎭漢紀武(コンハチンカンキム)によって病気は治療され治癒した。
允恭天皇氏族の氏姓が誤っていることを問題にして、神によって裁いた。
木梨軽太子の道ならぬ恋
次に木梨軽太子が即位する予定だったが、同腹妹の軽大郎女を犯した。この近親相姦のために役人たちは穴穂皇子を推挙した。軽太子は大前小前宿禰大臣は武装した。穴穂皇子も武装した。争いは穴穂皇子の勝利に終わる。軽太子は伊余湯(イヨノユ=道後温泉)に流される。
スポンサードリンク

安康天皇

穴穂皇子は即位して安康天皇に。
安康天皇の暗殺
大日下王(オオクサカノミコ)の妹の若日下王(ワカクサカノミコ)を大長谷王子(オオハツセノミコ=後の雄略天皇)と結婚させようと、使者として根臣を送る。大日下王は快諾し、結納品として押木玉鬘(オシキノタマカズラ)を渡す。しかし、根臣はその押木玉鬘を盗み、天皇に
「『わたしの妹を、同列の氏族の下働きにできるか』 と断られた」と報告した。安康天皇は大日下王を殺害。大日下王の妻の長田大郎女(ナガタノオオイラツメ=安康天皇の同腹妹)を安康天皇の皇后とした。安康天皇は大日下王と長田大郎女の間に生まれていた目弱王(マヨワノキミ)に殺される。
目弱王(マヨワノキミ)は安康天皇殺害後に都夫良意富美(ツブラオオミ)の家に逃げ込んだ。
大長谷王子の暴走
大長谷王子は殺害のことを聞くと、対応の遅い兄の黒日子王(クロヒコノミコ)と白日子王(シロヒコノミコ)を殺害。大長谷王子は都夫良意富美の家を取り囲み、都夫良意富美の娘の訶良比売(カラヒメ)を娶る約束をし、都夫良意富美と目弱王を自害へと追い込んだ。
市辺忍歯王の殺害
大長谷王子は市辺忍歯王を久多綿之蚊屋野(クタワタノカヤノ)に誘い出し、狩の途中で言いがかりをつけて市辺忍歯王を殺害した。
意祁王・袁祁王の逃避行
市辺忍歯王の子供の意祁王・袁祁王が逃亡。針間国の志自牟(シジム)の家で、馬飼・牛飼として仕えた。
スポンサードリンク

雄略天皇

大長谷王子が雄略天皇として即位。
天皇の家に似せて作った志機大県主の家にケシカランと火をつけようとするが、白い犬を献上したので放火をやめた。その白い犬を若日下部王(ワカクサカベノキミ)にプレゼントした。
美和河の童女
美和河で洗濯する童女がいました。その美しい童女「赤猪子(アカイコ)」を見た雄略天皇は「宮中に招くから、結婚するなよ」と言いましたが、言ったきり忘れてしまって赤猪子(アカイコ)は80歳になりました。赤猪子(アカイコ)は呼ばれていないけども、困り果てて宮中に行くと、雄略天皇は
「お前はどこの老女だ? 何しに来た?」
というものだから赤猪子(アカイコ)が事情を説明すると、雄略天皇はその真面目な性格を褒め、結婚はできないので代わりに歌を歌いました。
それとは別に吉野川で美しい童女を見つけ、結婚して歌を歌いました。
阿岐豆野
雄略天皇が阿岐豆野に行き、狩をすると虻が天皇の腕を噛み、その虻を蜻蛉(アキズ=トンボのこと)が食べました。それでその土地を阿岐豆野といい、また日本のことを蜻蛉島(アキヅシマ)と呼ぶようになりました。
葛城山のイノシシ
雄略天皇は葛城の山に登りました。するとイノシシが現れて、雄略天皇は逃げて、木の上に登って歌を歌いました。
葛城山の一言主
雄略天皇が葛城の山に登ると、同じ格好をした人物が見えた。雄略天皇が
「お前は誰だ!」と尋ねると、その人物は無視。怒って弓をつがえると、その相手も弓をつがえました。
「名を名乗れ!」と雄略天皇がいうと
「私は悪事といえども一言。
善事といえでも一言。
言葉を放つ神の葛城の一言主の大神だ」
と答えました。雄略天皇は一言主に弓矢・衣服を献上しました。
百枝槻の豊楽
長谷で豊楽(トヨアカリ)をしたとき、盃に落ち葉が浮いているのを知らないで采女が献上したため、雄略天皇は怒って首を切ろうとしました。采女は歌を歌って献上したので、雄略天皇は許しました。
雄略天皇は124歳で崩御。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集