原山古墳

MENU
TOP>古墳・遺跡など>原山古墳
スポンサードリンク

原山古墳

投稿日時:2017-05-27 10:58:14
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

住所
堺市百舌鳥夕雲町2丁
大仙公園内。鳶塚古墳のすぐそば。

木棺のある円墳。鉄製の鏃(ヤジリ)73本。鉄製斧、土師器高坏が発見されています。昭和30年に壊されていて、すでに形は一切ない。現在、大仙公園にある原山古墳は復元したもの。

明治時代の資料によると周囲106m、高さは3.3mとある。
ただし平成10年の調査では原山古墳の周囲に濠(ホリ=堀)が見つかっていて、墳丘の大きさは直径25m、濠の幅は6mです。作られたのは5世紀後半。

原山古墳は円墳ですから、直径25mで、その周囲に6mの幅の濠があるとしたら、古墳は濠まで入れると直径37m。37×3.14で古墳の外周は116m。明治のs利用では106m。若干、数字が合わないですが、明治には濠が埋まっていたのかもしれない。まー、目を瞑ろう。
スポンサードリンク

地図

Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集