トヨタマヒメ

MENU
TOP>用語・神名など>トヨタマヒメ
スポンサードリンク

トヨタマヒメ

漢字・読み豊玉姫神
別名豊玉毘売命・豊玉媛尊・和多都弥豊玉比売命
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

タマヨリヒメの姉で海神(ワダツミ)の娘。兄の釣り針を探しにワダツミの神殿に訪ねてきた山幸彦(ヤマサチヒコ=ホホデミ)に一目ぼれして結ばれた女神。出産する際に本来の海神としての姿であるワニの姿を見られたことから恥と感じ、また約束を違えた夫を恨んで海へと帰った。その後、子供のウガヤフキアエズの養育は妹であるタマヨリヒメが行った。

物語・由来

山幸彦の妻
兄からイジワルをされて、海の神殿へ釣り針を探しに来た山幸彦に一目ぼれしたトヨタマヒメ。そのまま結ばれて、神殿で過ごします。しかし釣り針探しを思い出した山幸彦は事情を説明し、釣り針を見つけると陸へと帰ってしまう。帰る際に兄・海幸彦を打ち倒すアイテム【潮盈珠(しおみちのたま)・潮乾珠(しおひのたま)】を渡します。それらアイテムとアドバイスで兄を打ち負かした山幸彦の元に、妊娠したトヨタマヒメがやってきます。実は海で過ごしているときに既に身重だったのです。浜辺に産屋を立てて出産することになった。生む前に山幸彦に「他国の人間は本来の姿に戻って子供を産む。お産をする様子を見ないでください」と言っておいたのに、山幸彦はつい好奇心から見てしまう。すると、小屋の中では八尋和邇(ヤヒロワニ)が出産の苦しみでのたうちまわっていた。八尋和邇の尋は大体長さの単位で1.8mくらいのこと。また和邇とは英語でいうところのアリゲーターという説もありますが、サメと言われています。つまり18mのサメ。当然ながら驚いて逃げ出す山幸彦。トヨタマヒメは恥ずかしさで子供を置いて海に帰ってしまいます。その後、妹であるタマヨリヒメを養育係として、送りました。
スポンサードリンク

性格・能力

ワダツミの娘=豊かさの象徴
海神の娘が竜宮城で……浦島太郎によく似た物語です。トヨタマヒメは主人公である山幸彦と恋をして、結ばれます。海の神と、天津神である天皇が結びつく……実はこういった神話(海の娘と天からの神の子孫が結ばれる)は世界でも見られます。異郷のものとの結婚、子孫。贈り物、アドバイス。海神信仰では海から福が届けられます。

神社や関連する土地

諏訪神社
高忍日売神社
綿津見神
与賀神社
海神神社
豊玉姫神社
鹿児島神宮
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集