建日別

MENU
TOP>用語・神名など>建日別

建日別

漢字・読みタケヒワケ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●九州(筑紫島)の四つの顔の4番目の名前。
●熊襲国そのもの。現在の九州南部。熊本県と鹿児島県。
●太陽神。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

物語・由来

古事記にのみ登場。イザナギイザナミが正式な手順で産んだ3番目の島の筑紫島(九州)が持つ4つの顔のうちの4番目の名前。

建日別(タケヒワケ)という名前は、同じ筑紫島の顔の一つである「建日向日豊久士比泥別(タケヒムカヒトヨクジヒネワケ)」にほぼ含まれているし、古事記でイザナギイザナミが産んだ吉備児島の別名が「建日方別(タケヒカタワケ)」。他にも、吉備臣の祖先の御鉏友耳建日子(ミスキトモミミタケヒコ)や、吉備臣建日子(キビノオミタケヒコ)といった名前の途中を含めると結構ポピュラー。「建日」ではなく「武日」「武彦(彦は元々は日子)」を含めると結構な人数の名前になります。

おそらくタケヒという言葉が「太陽神」を表す、よくある名前だった。そして多くの氏族が、太陽神から統治を任されたと主張した。ここのところは、アジアでは全く珍しくもないし、世界を見ても、極々普通。そこから「太陽の子」として「タケヒコ」という名前になり、「日子」という名前を使うようになったんでしょう。
スポンサードリンク

引用

国産み
次は筑紫島(ツクシシマ=九州)を生みました。
この島も体が一つで顔が四つあります。
それぞれの顔に名前があります。
筑紫の国を白日別(シラヒワケ)といいます。
豊の国を豊日別(トヨヒワケ)といいます。
肥の国を建日向日豊久士比泥別(タケヒムカヒトヨクジヒネワケ)といいます。
熊曾の国を建日別(タケヒワケ)といいます。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ
編集