伊登志部(イトシベ)

MENU
TOP>用語・神名など>伊登志部
スポンサードリンク

伊登志部

投稿日時:2017-06-27 20:17:53
漢字・読みイトシベ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

伊登志部(イトシベ)は古事記に登場する部民。
部民というのは、職業・職能が同じの集団のこと。
古事記によると「子代」とあるので、伊登志和気王(イトシワケ)を世話する集団か、伊登志和気王(イトシワケ)の功績を伝える集団のこと。それに孝徳天皇即位2年春1月1日に「子代」という制度自体が無くなったために、その後の記述がない。そのせいか役割についてはまだハッキリとはしていない。

古事記からの引用

垂仁天皇の系譜
伊登志和気王(イトシワケ)は子供が居なかったので、子代(ミコシロ)として伊登志部(イトシベ)を定めました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集