息長田別王の子孫

MENU
TOP>景行天皇(古事記)>息長田別王の子孫

息長田別王の子孫

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

息長田別王(オキナガタワケ)の子が杙俣長日子王(クイマタナガヒコ)です。

このクイマタナガヒコの子供が、飯野真黒比売命(イイノマグロヒメ)、次に息長真若中比売(オキナガマワカナカツヒメ)、次に弟比売(オトヒメ)の三柱です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

オキナガタワケはヤマトタケルとある夫人の間の子供。なぜ夫人の名前は残らなかったのでしょうか? 身分が低かったのか。残せない別の理由があったか。それとも「分からなかった」からか。

オキナガワタケ王の子供のクイマタナガヒコ王は応神天皇の段で応神天皇の后である息長真若中比売(オキナガマワカナカツヒメ)の父親として登場。
参考:応神天皇の后妃と御子たち

イイノマグロヒメ
飯野真黒比売(イイノマグロヒメ)はヤマトタケルとオトタチバナヒメとの間の子供、ワカタケルと結ばれて子供をもうけます。この記述をするためだけに、「ある夫人」は古事記に書かれたのかも。
スポンサードリンク

原文

次に息長田別王(オキナガタワケノミコ)の子、杙俣長日子王(クイマタナガヒコノミコ)。この王の子、飯野真黒比売命(イイノマグロヒメノミコト)、次に息長真若中比売(オキナガマワカナカツヒメ)、次に弟比売(オトヒメ)。三柱。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集