用明天皇(三)皇后と子息子女

MENU
TOP>用明天皇(日本書紀)>用明天皇(三)皇后と子息子女

用明天皇(三)皇后と子息子女

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

即位1年春1月1日。穴穗部間人皇女(アナホベノハシヒトノヒメミコ)を皇后としました。4人の男(ヒコミコ)を生みました。その一人が厩戸皇子(ウマヤトノミコ)といいます。
別名に豊耳聡聖德(トヨミミトショウトク)、豊聡耳法大王(トヨトミミノノリノオオキミ)と名がついていました。あるいは法主王(ノリノウシノオオキミ)といいます。

この皇子は始めは上宮(カミツミヤ)に居ました。後に斑鳩(イカルガ)に移りました。豊御食炊屋姫天皇(トヨミケカシキヤヒメノスメラミコト=推古天皇)の世に東宮(ミコノミヤ)に居ました。万機(ヨロズノマツリゴト=政治)を摂政となって担当し、天皇の仕事を行いました。このことは豊御食炊屋姫天皇(=推古天皇)の紀に見えます。

二人目を来目皇子(クメノミコ)といいます。
三人目を殖栗皇子(エクリノミコ)といいます。
四人目を茨田皇子(マムタノミコ)といいます。

蘇我大臣稲目宿禰(ソガノオオオミイナメノスクネ)の娘の石寸名(イシキナ)を嬪(ミメ)としました。田目皇子(タメノミコ)を生みました。
別名を豊浦皇子(トユラノミコ)です。

葛城直磐村(カツラギノアタイワムラ)の娘の広子(ヒロコ)は一人の男(ヒコミコ)と一人の女(ヒメミコ)を生みました。男は麻呂子皇子(マロコノミコ)といいます。これは当麻公(タギマノキミ)の祖先です。女は酢香手姫皇女(スカテヒメノミコ)といいます。三代にわたって日神に仕えました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

田目皇子
上宮記・帝説には、父の用明天皇の死後に穴穂部皇后を娶り、佐富女王を生んだとか。かなりエグい内容ですが、史実でしょうか。
酢香手姫皇女
この皇女は「用明天皇(二)即位・酢香手姫皇女を伊勢神宮へ仕えさせる」にすでに登場済み。ということは、即位する前にできた娘と考えるべきでしょうね。
スポンサードリンク

原文

元年春正月壬子朔、立穴穗部間人皇女爲皇后、是生四男、其一曰廐戸皇子(更名豊耳聰聖德、或名豊聰耳法大王、或云法主王)、是皇子初居上宮、後移斑鳩、於豊御食炊屋姫天皇世、位居東宮、總攝萬機、行天皇事、語見豊御食炊屋姫天皇紀、其二曰來目皇子、其三曰殖栗皇子、其四曰茨田皇子。立蘇我大臣稻目宿禰女石寸名爲嬪、是生田目皇子更名豊浦皇子。葛城直磐村女廣子、生一男一女、男曰麻呂子皇子、此當麻公之先也、女曰酢香手姫皇女、歷三代以奉日神。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集