久米部・来目部(クメベ)

MENU
TOP > 来目
スポンサードリンク

来目

漢字・読みクメ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

久米部・来目部は四国と中国地方と東海道の一部に分布した氏族。伯耆(鳥取西部)・美作(岡山東北部)・伊予(愛媛)には「久米郡」という地名が今も残っています。

久米直(クメノアタイ)は各地方の久米部を統括する氏族久米直は、蘇我氏・春日氏系の久米臣とは別。つまり「久米」というのは本来、特定の名前ではなく部署の名前。営業部とか総務部とか。

大来目命(=天久米命=天津久米命=アマツクメノミコト)を祖先としていて、ニニギの天孫降臨に帯同しています。その大来目命の子孫が大久米命(オオクメミコト)で、神武天皇の東征に参加しています。

久米部はまた、大伴の先祖の道臣に率いられていることから、大伴氏の配下だったと思われます。ただし古事記では天忍日命と天津久米命が弓矢を携えて登場していて、主従関係が見られないことから、立場が変わったか、改変があったのではないかという話も。
アメノオシヒ命とアマツクメ命
アメノオシヒ命とアマツクメ命の二人は、矢を入れる筒を負い、柄の大きな太刀を身につけ、天の波士弓(アメノハジユミ)を持ち、天の真鹿児矢(アメノマカゴヤ)を手に持ち、ニニギの前に立って仕えました。

経緯
久米は中四国を中心に居ました。大伴は東国にみられます。順当に考えると久米は畿内に近いので、早めに大和朝廷に参加した。東国が参加したのは後のこと。よって大伴が参加したのは久米よりも遅いはず。どこかで久米が没落して、上記の関係(古事記で対等・日本書紀で従属)になった……というのがよくある説です。

ただ、関東の氷川神社の祭神は「スサノオ」。出雲神です。スサノオが祀られているのは出雲の部民が流入したためです。東国には畿内などからの古代の移民が入っています。東国に大伴が多いからといって、大伴が東国の部族とは限りません。東国への征伐の結果、中央から移民しただけ、という可能性もあります。
スポンサードリンク

物語・由来

植ゑし椒口ひひく
久米部のものたちが、
垣根に植えた山椒の実は辛くて、
口がしびれるほど。
その痺れがなかなか取れないように、
私も、敵から受けた痛みは忘れない。
さぁ打ち倒そう!

神武天皇秋八月甲午朔乙未(三)吉野の先住民
これを來目歌(クメウタ)といいます。
現在、樂府(オオウタドコロ)でこの歌を演奏するときには、手を大きく打ったり、小さく打ったりして拍子を取って、太い声や細い声で歌います。これは古(イニシエ)から残っているやり方です。

神武天皇冬十月癸巳朔(二)道臣命の密命と歌
忍坂の大室屋に 人多に
入り居りとも 人多に
来入り居りとも みつみつし
来目の子等が 頭椎(クブツツ)い 石椎(イスツツ)い持ち
撃ちてし止まむ

十有二月癸巳朔丙申(二)みつみつし
みつみつし 来目の子らが
垣本に 粟生(アハフ)には
臭韮(カミラ)一本
其のが本 其根芽つなぎて 撃ちて止まむ

みつみつし 来目の子らが
垣本に 植えし椒(ハジカミ)
口ひびく 我は忘れず 撃ちてし止まむ

それでまた兵士を送って急いで攻めました。これら全ての歌は皆、「来目歌(クメウタ)」といいます。これは歌った人(=来目部のこと)を指して名付けたものです。

個人的コラム

久米部は「久米直(クメノアタイ)」ということは地方の氏族。大伴は「連(ムラジ)」の姓が与えられていることから、有力氏族で、大伴氏の方が格上なのは間違いない。

この二氏は「軍部」という同じカテゴリに入っていたと思われます。古事記で対等に扱われているといっても、二者の性質を表している程度のことと考えれば問題無いのではないかとも。それに蘇我氏・春日氏に「久米」という傍流(分家というべきか)があることを考えても、久米はいうなれば、軍部というよりは、「歩兵」とか「足軽」とか「補給部隊」とか、そういった部署名の色合いが強かったんじゃないかと。

料理と戦争
さて
久米の物語を見ると、「食べ物」に関わることが多いです。神武天皇のときは、敵を食事に招いて油断したところを殺す。久米の歌も食べ物に関わるものばかり。

久米は料理に関わる部門でもあった・・・のかもしれません。ただヤマトタケルも宴会の時にクマソタケルを殺しています。日本では「料理」と「戦争」は切り離せないものだったのではないかと思うのです。

神武天皇が畿内へと入る時、飴を作って誓約をしています。なぜそんな呑気なことをするのか? 料理は神に捧げられるものです。伊勢神宮では毎日食べ物を捧げています。料理が美味しいということは、神の機嫌が良くなります。つまり、戦時には料理が美味しいと戦争にも有利なわけです。それが「宴会」と「戦争」が結びついていた理由ではないかと思っています。
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

管理人リンク

編集