その人は岩を押し分けて

MENU
TOP>神武東征(古事記)>その人は岩を押し分けて

その人は岩を押し分けて

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

イワレビコが山に入ると、
また尾のある人に会いました。

その人は岩を押し分けて出てきました。

「あなたは誰ですか?」
とたずねると

「わたしは国津神です。
名前は石押分之子(イワオシワクノコ)といいます。
今、天津神の御子が来たと聞きまして
参上しました」
と答えました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

岩を押し分けて出てきたから、「イワオシワクノコ」なんて、あまりに安直。前回のイヒカ(井氷鹿)と、イワオシワクノコは、この地方で大和朝廷に関わる氏族がいた、という意味でしょう。
スポンサードリンク

原文

即ちその山に入りたまへば、また尾生ひたる人に遇ひたまひき。この人、巌を押し分けて出で来たりき。ここに「汝は誰ぞ」と問ひたまへば、「僕は国つ神、名は石押分之子と謂ふ。今、天つ神の御子幸行すと聞きし故、参向へつるのみ」と答へ白しき。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集