えーシヤシコヤ

MENU
TOP>神武東征(古事記)>えーシヤシコヤ

えーシヤシコヤ

漢字・読みエーシヤシコヤ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

このとき歌った歌が……

宇陀の高原に 鴫(シギ)の罠を張ります。

私が待っているシギは掛からずに
鯨が掛かった。

古い妻が肴を欲しがったら、
肉の少ないところを、へぎとってあげると良い。

新しい妻が肴を欲しがったら、
肉の多いところを、へぎとってあげると良い。

えーシヤシコヤ(←攻めるときの掛け声)
あーシヤコシヤ(←相手への嘲笑の掛け声)
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

ここで歌われる歌は、「久米歌」です。この久米歌は大嘗会などの宮廷の儀礼で久米舞をするときに歌うものですが、本来は久米氏の戦いのときの宴会で歌った歌だろうと思われます。

シギの罠に鯨が
鳥のシギは体長でいうと鳩程度。この罠に海の鯨が掛かるというのがユニークというわけです。古代の氏族が戦争のときの宴会で、焚き火を囲んで、酒を飲みつつ、この歌を歌い、「超ウケル、シギの罠に鯨がかかるなんて!」といガハハガハハと笑っていたに違いない。

古い妻と新しい妻
古い妻には肉の少ないところと、新しい妻には肉の多いところを。ということは妻が複数いるのが当たり前ってことでしょうね。肉の多少は、現在でもなんとなく分かる洒落。
スポンサードリンク

原文

この時、歌曰ひたまはく、

宇陀の 高城に 鴫罠張る 我が待つや 鴫は障らず いすくはし 鯨障る 前妻が 肴乞はさば たちそばの 実の無けくを こきしひゑね 後妻が 肴乞はさば いちさかき 実の多けくを こきだひゑね ええ しやこしや こはいのごふそ ああ しやこしや こは嘲笑ふぞ《10》
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集