置目もや 淡海の置目 明日よりは み山隠りて 見えずかもあらむ

MENU
TOP>顕宗天皇・仁賢天皇・武烈天皇(古事記)>置目もや 淡海の置目 明日よりは み山隠りて 見えずかもあらむ
スポンサードリンク

置目もや 淡海の置目 明日よりは み山隠りて 見えずかもあらむ

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

書き下し文

故、還り上り坐して、其の老媼を召して、其の見しを失れず、貞かに其の地を知れるを譽め、以ちて名を賜いて置目の老媼と號けき。仍ち宮の内に召し入れて、敦く廣く慈しみ賜いき。故、其の老媼が住める屋は、宮の邊に近く作りて日毎に必ず召しき。故、鐸を大殿の戸に懸けて、其の老媼を召さんと欲う時に、必ず其の鐸を引き鳴らしき。爾くして御歌を作りき。其の歌に曰く、
阿佐遲波良 袁陀爾袁須疑弖 毛毛豆多布 奴弖由良久母 淤岐米久良斯母
ここに置目の老媼、白さく、「僕は甚耆老いたり。本つ国に退らんと欲う」。故、白す隨に退る時に、天皇見送りて歌いて曰く、
意岐米母夜 阿布美能於岐米 阿須用理波 美夜麻賀久理弖 美延受加母阿良牟
スポンサードリンク

現代語訳

顕宗天皇は大和に帰ると、その老媼(オウナ=嫗=老女の敬った言い方)を呼び寄せて、その(遺体が埋められたのを)見失わず、またその(遺体が埋めらえた)地を正確に知っていたことを褒め、名を与えて「置目老媼(オキメノオウナ)」と呼びました。それで天皇の宮殿の敷地内に入れて、手厚くもてなしました。それでその老媼(オウナ)が住んだ家は宮殿のほとりの近くに作って、日毎(ヒゴト=毎日)に必ず呼び寄せました。鐸(ヌリテ=大きな鈴や鐘のようなもの)を大殿の戸に掛けて、その老媼(オウナ)を呼び寄せたいと思ったときに、必ずその鐸(ヌリテ)を引き鳴らしました。それで歌を作りました。
浅茅原 小谷(オタニ)を過ぎて 百伝う 鐸ゆらくも 置目(オキメ)来(ク)らしも
歌の訳浅茅原(アサヂハラ=カヤがまばらに生える原っぱ)や小谷(オダニ=小さな谷)を超えて、(「百伝う」は鐸の枕詞)鐸(ヌリテ=鐘)を揺らし響かせれば、置目が来るだろう。

それで置目老媼(オキメノオウナ)は言いました。
「僕(ヤツカレ=臣下=自分を下に置いた言い方)はとても老いております。本国(モトツクニ=故郷)に退こうと思います。
それで言ったとおりに退くとき、天皇は見送って歌いました。
置目もや 淡海の置目 明日よりは み山隠(ガク)りて 見えずかもあらむ
歌の訳置目よ。近江の置目。明日からは山に隠れて見えなくなるのだろうか。

スポンサードリンク

解説

父の遺体の場所を知る老婆
置目というのは「遺体」の位置を知っていたという、「よく目で見ていた」という意味があります。砕いて言うと置目老媼(オキメノオウナ)は「発見ババァ」となるかなぁと。
置目老媼(オキメノオウナ)は山姥ではないか?
日本は山に穀物神がいて、その穀物神が里に下りることで作物が生育すると考えていました。だから山の神を重要視していました。天皇が高い山に登って国見をするのも、そういう世界観を元にしています。
「山の神」は女が多く、醜い老婆というパターンが多いです。それが後に山姥(ヤマンバ)となります。山姥は人を食べる恐ろしい存在ですが、同時に多産の象徴でもあります。この山姥が置目老媼(オキメノオウナ)ではないか?とわたしは思っています。最後は近江の山に帰っていますしね。

なんていうと置目老媼(オキメノオウナ)は実在しないということになりますが、さぁ、わかりません。史実があって、そこに山の神のイメージを重ねたか、全くの創作かは分かりません。ただ、置目老媼(オキメノオウナ)のイメージの中にそういう古代の世界観が関わっているだろうという見解です。

特に歌を読むと余計にハッキリします。置目老媼(オキメノオウナ)を天皇が鐸(ヌリテ)を鳴らして呼び寄せ、また最後は山に帰るというのは、「山の神を里に呼び寄せて作物が育つ」という古代の世界観に合致します。

また「宮」の中に置目老媼(オキメノオウナ)が住んでいたとありますよね。実は天皇と神は「同居」していたんです。これは記紀の文章からでなく、遺跡からハッキリしています。天皇は神と住んでいたんです。おそらくそれが「天皇」というか「スメラミコト」の役割です。多分、スメラミコトってのは「依り代」だったんでしょう。

だからわたしは置目老媼(オキメノオウナ)は山姥であり、そもそもは「山の神」「穀物神」で、近江の神だったと思います。多分、この顕宗天皇の時代に近江氏族が帰属したか、権力があったか、顕宗天皇が近江と深い関わりがあったか、そういう事情の反映でしょう。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集