北朝鮮がミサイル発射・太平洋に着弾…朝鮮の文化から考える現状

MENU
TOP>死ぬほどスッキリする韓国ニュース解説(連載)>北朝鮮がミサイル発射・太平洋に着弾…朝鮮の文化から考える現状
スポンサードリンク

北朝鮮がミサイル発射・太平洋に着弾…朝鮮の文化から考える現状

投稿日時:2017-08-30 18:31:56
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

北朝鮮がミサイル発射・太平洋に着弾…朝鮮の文化から考える現状

まとめ
●2017年8月29日。北朝鮮がミサイルを発射し、北海道を上空を通過し、太平洋に着水した。
●北朝鮮はまた一線を超えた。
●北朝鮮は儒教の国で、道徳(善悪)が大事。悪のアメリカに譲歩すれば金正恩が「悪」となり、権力を失う。北朝鮮にとって譲歩は敗北であり、「死」だと思っている。
●アメリカはすでに核放棄を条件に北朝鮮に援助したが、北朝鮮は核開発を続けていて、約束を破っているため、もはや条約を結部ことに意味がない。
●譲歩させたい北朝鮮と、譲歩という選択肢はないアメリカ。北朝鮮は譲歩を迫るためにミサイル発射をするが、アメリカは応じることができない。よって着実に北爆するしかない状況に追い込んでいる(追い込んでいるのは北朝鮮で、追い込まれているのも北朝鮮)。
スポンサードリンク

北朝鮮がミサイル発射

2017年8月29日、ついにというか、北朝鮮がミサイルを発射し、ミサイルが日本の上空を通過、太平洋に着弾しました。日本に落下しなかったのですが、現状を考えるとこれはもはや宣戦布告に限りなく近いというか、大差ないというか、また一歩戦争に近づいたと言っていいでしょう。
2009年にも日本上空を通過したことはあったのですが、現在の米朝関係の緊張状態を考えると…グアムにミサイル発射を宣言していたくらいですからね…かなりエグイ状態。

ビビる北朝鮮?

このサイトでは「北朝鮮は組織的事情から金正恩が引くに引けないところにあるんじゃないか?」みたいなことを書いていたんですが、

どうも当たってるっぽいですね。瀬戸際外交が国是で、ギリギリをやっているように見えて、実は考えているんだ!って見解はここに来るともはや通じない。いや、北朝鮮で逮捕されて帰国後に死亡したワームビア氏の時点で完全に「アウト」なんですがね。今回のミサイルはワームビア氏の一件に比べれば大したことないです。いっぽうで、本当にイカレテいるならグアム近海まで飛ばせばいい。そこを日本上空を通過して、着水する程度にしたのは、ビビっているってのも事実。

いや、発射に失敗してグアムまで届かなかった可能性もある?? 空中で分解したという話もありますし、それはそれで怖いな。
スポンサードリンク

道徳優先の朝鮮文化

朝鮮では権力者が権力を失うと殺されます。民主主義の韓国ですら朴槿恵があれですから、北朝鮮で金正恩が権力が落ちるということは、アメリカの爆撃どうこうじゃなくて、現在の部下に殺されるのが当然。だから、求心力を保つためには「過激」でないといけない。正確には過激なんじゃなくて「道徳」なんですよ。それが部外者には「瀬戸際外交」に見える。
悪のアメリカに譲歩できない
北朝鮮にとってアメリカは「悪」です。悪に屈するようなことを言えば、それは「不道徳」です。アメリカに譲歩すれば金正恩は権力の基盤である道徳を失い、殺されるかもしれない(儒教では道徳が権力の根拠)。だから政権基盤の弱い金正恩にとってアメリカに譲歩させるしか現状打開の策はない。アメリカに譲歩させるということは金正恩の勝利であり、金正恩が「道徳的に正しい」ことの証明になる。
スポンサードリンク

一方、アメリカも譲歩できない

しかし、アメリカも譲歩しない。
なぜなら北朝鮮はすでに、国家間の約束を破っていて、今回も当たり前のように破る(例えば核放棄の約束をしても守らない)。これは「破るだろう」「破るかもしれない」ではなく、破るのが当たり前で、破らないわけがないってことです。儒教では約束・条約・ルール・法律より道徳が優先され、道徳さえ正しければ、そんなものは無視していいという文化なのですからね。守るわけがない。だからアメリカは譲歩できない。アメリカの譲歩とはつまり「アメリカ国民の命を差し出した」に等しい。
スポンサードリンク

着実に近づく「戦争」

北朝鮮はアメリカを挑発して、譲歩させたい。しかし、北朝鮮はすでに約束を守らない国であることが証明されているのでアメリカは譲歩できない。アメリカが譲歩しても状況は悪化するだけ。アメリカは決して爆撃を望んでいないのですが、お互いに譲歩できない以上は、決断の日は着々と近づいている。

少なくともアメリカが「北朝鮮の文化を理解している」のであればね。もしかして、アメリカが(腹の中まで)理解していない場合、どこかで譲歩する可能性がある。無論、それは「何も解決しない」「今後、東アジアの安保は混迷を極める」「アメリカの安全保障も脅かされる」ということでもある。となればアメリカは爆撃するしかない。戦争・爆撃の可能性は刻一刻と高まる。

戦争回避のわずかな希望として金正恩が北朝鮮内で打倒されて「親米政権」が生まれるという選択肢もあるんですが、うーん、可能性はかなり低いですよね。今のままでは(ありえないとも言えないが)。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集