妹を養育係に送る

MENU
TOP>海幸彦山幸彦編>妹を養育係に送る
スポンサードリンク

妹を養育係に送る

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

然れども後は、其の伺みたまひし情を恨みたまへども、恋しき心に忍びずて、其の御子を治養しまつる縁に因りて、其の弟、玉依毘売に附けて、歌を献りたまひき。其の歌に曰ひけらく。

現代語訳

トヨタマヒメはホオリ命が覗きをしたのを恨む気持ちがあったのですが、恋しい思いに耐え切れず、皇子(ウガヤフキアエズ)を養育するという理由で、妹の玉依毘売(タマヨリヒメ)を地上に送りました。

そして歌を歌いました。

解説

タマヨリヒメウガヤフキアエズと結ばれる
さて、ここではまだタマヨリヒメが地上に使わされるだけですが、タマヨリヒメはウガヤフキアエズと結ばれて、神武天皇が生まれます。つまり、トヨタマヒメ・タマヨリヒメの姉妹が連続で宮家に嫁ぎました。

おや、似たようなケースを知っていますぞ。
スサノオの正妻であるクシナダヒメスサノオの子供のヤシマジヌミ神に嫁いだカムオオイチヒメは、どちらもオオヤマヅミの娘です(スサノオの系統にはオオヤマヅミの娘が多い)。

これは平安時代に藤原氏が天皇家との縁戚を利用して摂関政治を行ったのとよく似ています。古代においては二代に渡って、姉妹を嫁がせるのは、正しい権力獲得方法のようで、それほど珍しいことではなかったのかもしれません。
隼人から天皇家に嫁が行っていた可能性
もしかすると海神――つまり隼人から宮家に嫁が出ていた事実があったのかもしれません。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集