武烈天皇(日本書紀)

MENU

武烈天皇(日本書紀)

投稿:2015年07月16日 更新:2015年07月16日

要約

仁賢天皇即位11年8月 仁賢天皇が崩御。平群真鳥臣が武烈天皇のための宮を作って、自分が住み、高慢でした。武烈天皇が物部麁鹿火大連の娘の影媛を娶ろうとしたら、真鳥大臣の息子の鮪に犯されていた。武烈天皇が鮪を殺害。
仁賢天皇即位11年11月 大伴金村連と武烈天皇が平群真鳥の宅を囲んで焼く。角鹿海の潮が天皇が食べられないものとなる。
仁賢天皇即位11年12月 武烈天皇が即位。
武烈天皇即位1年3月 春日娘子を皇后に。
即位2年9月 妊娠した女性の腹を割いて胎児を見る。
即位3年10月 人の生爪を抜いて、芋を掘らせる。
即位3年11月 城を水派邑に作るように詔を出す。百済の意多郎が死ぬ。
即位4年4月 髪を抜いて、樹の頂上まで登らせて、木を切って倒して人を殺して楽しむ。百済の末多王が国民に捨てられ武寧王が立つ。
即位5年6月 人間を水路に入らせて、矛で刺し殺して楽しんだ。
即位6年10月 百済国は麻那君を派遣して貢物を持ってきたが、武烈天皇は誤解して使者を返さなかった。
即位7年2月 人間を木に登らせて弓で射落して笑った。
即位7年4月 百済王は期我君を派遣して貢物を出す。麻那君と期我君が入れ替わり、期我君は倭君の先祖となる。
即位8年3月 馬の交尾を女に見せて濡れたら殺した。濡れなかった女を官婢に。池に動物を放して狩をした。犬と馬で試合をさせた。侏儒や俳優をはべらせ音楽を奏で、奇妙な遊びをした。酒を飲んで、ふしだらな声をあげた。
即位8年12月 武烈天皇が崩御。

「武烈天皇(日本書紀)」のページ一覧

Page1 武烈天皇(一)法令に明るく、残虐な人物
Page2 武烈天皇(二)平群真鳥の専横と物部麁鹿火の娘の影媛
平群真鳥の専横と物部麁鹿火の娘の影媛
Page3 武烈天皇(三)歌場での逢瀬と鮪臣の邪魔
歌場での逢瀬と鮪臣の邪魔
Page4 武烈天皇(四)鮪臣と太子の影媛争奪の歌合戦
鮪臣と太子の影媛争奪の歌合戦
Page5 武烈天皇(五)平群の父子の不敬に怒り、兵を起こす
平群の父子の不敬に怒り、兵を起こす
Page6 武烈天皇(六)葬送の歌
葬送の歌
Page7 武烈天皇(七)影媛「苦しいことです。愛する夫を失った」
影媛「苦しいことです。愛する夫を失った」
Page8 武烈天皇(八)大伴金村による真鳥の誅殺と塩の呪い
大伴金村による真鳥の誅殺と塩の呪い
Page9 武烈天皇(九)大伴金村連は太子に尊号を奉り、大連となる
大伴金村連は太子に尊号を奉り、大連となる
Page10 武烈天皇(十)妊婦の腹を割いて胎児を見る・生爪をはがして芋を掘らせる
妊婦の腹を割いて胎児を見る・生爪をはがして芋を掘らせる
Page11 武烈天皇(十一)末多王を捨て、嶋王を武寧王とした
末多王を捨て、嶋王を武寧王とした
Page12 武烈天皇(十二)小泊瀬舎人の設置と麻那君の調
小泊瀬舎人の設置と麻那君の調
Page13 武烈天皇(十三)樹に昇らせて弓で射って笑う・期我君と法師君
樹に昇らせて弓で射って笑う・期我君と法師君
Page14 武烈天皇(十四)女に馬の交尾を見せる・苑での酒宴と痴態
女に馬の交尾を見せる・苑での酒宴と痴態