イナダヒメ

MENU
TOP > イナダヒメ
スポンサードリンク

イナダヒメ

漢字・読み稲田姫神
別名櫛名田比売・奇名田比売神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

スサノオの妻でオオクニヌシの母
高天原を追い出されたスサノオが、地上に降り立ちヤマタノオロチを退治して生贄となっていたイナダヒメを助け出しました。二人は結ばれ、オオクニヌシが生まれます。二代に渡っての日本神話のスーパースターを繋ぐ姫神です。
日本書紀他ではオオクニヌシは子供では無く数代後の子孫となっています。

物語・由来

アシナヅチテナヅチに育てられるが
アシナヅチテナヅチという老夫婦に育てられていましたが、ヤマタノオロチの生贄にさせられるところでした。イナダヒメの上の7人の姉はすでに生贄になっていました。

イナダヒメは稲+田+姫という分かりやすい言葉の構成でも分かるように穀物神です。決まったモデルのいる神ではなくて、地方で信仰されていた穀物神(もしくはその巫女)を当てはめたものと考えられています。またテナヅチ・アシナヅチも感じで書くと手撫霊・足撫霊。稲に手を掛ける様子を表現し、穀物神を祀る祭司の神格化です。

クシイナダヒメはスサノオにクシに変えられています。古代では「櫛を挿すこと」が「プロポーズ」の儀式だったので、これの反映と思われます。
参考
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

管理人リンク

編集